2005年01月17日 (月)

阪神淡路大震災10年

今日1月17日で、阪神淡路大震災からちょうど10年になります。早いものですね。

日本は地震列島ですから、日本に住む以上、地震という自然現象、天災から逃れることは出来ません。特に、東日本では阪神淡路は一見風化して来ているようにも見えますが、実際のところは「考えないようにしているだけ」といった側面が強いのではないでしょうか。だって、そうしないと生きて行けないもの。

昨年は、記憶にも新しい新潟中越地震がありました。次はいよいよ関東か、そう思うと不安で堪りません。首都圏も、いつ直下型の大地震に見舞われてもおかしくない、そう言われ続けて久しいですが、不安でたまらない毎日を過ごしている割には、地震に対しての備えや対策を施していない我が家。

水、非常食、緊急避難用の持ち出し袋、装備等々、全くありません。つっぱり棒のような、簡単に設置出来る対策用品ですら皆無。教訓もフィードバックも、全く生かされていないのですね。これは不味かろうと。思ったところで出来ないのが怠惰な人間というものなので、そうやって我が家の置かれている状況を鑑みつつも、未だ傷跡の残る彼の地に思いを馳せながら、鎮魂の意を捧げます。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1731] »

RECENT ENTRIES