2005年01月30日 (日)

「仮面ライダー響鬼」が始まりました

さて、今日から早速「仮面ライダー響鬼」が始まった訳ですけれども。

Photo:仮面ライダー響鬼

正直、どうなんでしょうか、これは。珍妙なテンションに、私はちょっと付いて行けない感じでしたが……冒頭、何故か唐突に始まるミュージカルなどは、こっちが気恥ずかしくなってしまう勢いで、苦笑いしながら観ていました。一番アレゲなのはやっぱり演出ですかね?これが“新しい”というライダーなんでしょうか。確かに固定観念はぶち破っているかもしれませんが、ずっとこんな雰囲気で進んで行くのかな……うーん。

ということで、個人的にはちょっと無理っぽい感じだった「響鬼」ですけども、従来のライダーには食指が動かないからこそ「響鬼」には惹かれた、好印象を持ったという意見も見られますし、極寒のギャグには気後れするものの、ヒーロー然とした姿には好感を覚えるという感想も聞かれるので、こういう不純な動機を持ち合わせている───「オンドゥル」の呪縛に捕われている人間ではなくて、往年の仮面ライダーファンこそがどう感じているのか、興味があるところですね。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1726] »

RECENT ENTRIES