2005年02月13日 (日)

「魔法戦隊マジレンジャー」が始まりました

本件は、世間の先入観に縛られた俗物の、忌憚のない与太記事として受け流して頂ければ幸いです。

───ということで、いよいよ放送が開始された「マジレンジャー」。しかし、「仮面ライダー剣」+「特捜戦隊デカレンジャー」という黄金コンビの呪縛に縛られた私は、早速、拒否反応が出てしまいました。流石に大人の観るもんじゃ……という素直な抵抗感と、観ているこっちが気恥ずかしくなってしまうほどのメルヘンな世界観が、大層歯がゆい展開で思わず赤面。あれはちょっと……うーん、マジですか。不粋を承知で、糞真面目に批評しようと思えば重箱の隅を突いて色々と文句も言えるのですが、それすら「大の大人が……」と真剣に語るのが一寸憚られます。

とりあえず、レッドの中の人はどうなのか。デカレッドの後釜と考えてしまうと相当にギャップが……時々ブサイクです。それと、脚本に因るところが大きいのでしょうか、言葉の節々がいちいち恥ずかしい。漫画ミュージカルだと思えば意外に慣れれば問題ないのかもしれませんが、初見であれは結構キツい洗礼です。更に付け加えるとすれば、主役を張るヒーロー達のスーツデザインがダサイという点。単純に見てくれの格好良さだけを考えると、あれは致命的。唯一、敵キャラの造形デザインは秀逸だったと思うのですが、絶対悪として描かれる敵だけ抜群に格好良いというのもどうなのか。あの世界観の中でそのスタイリッシュさは却って不自然で、やや浮いていました。

そういう意味では、やっぱり「デカレンジャー」は、大人にも受ける作品というバランスに於いて、中々の佳作だったんだなぁ、と再認識した次第。人気作だったのも頷けます。

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1680] »

COUNTERS

  • 01,497,987
    Y: 425 - T: 325

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1680
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年10月22日 (日) 11:42