2005年02月14日 (月)

フジテレビF1地上波放送、F1キャスター山田優続投

当然、予想は出来たことですが、今年も地上波ではF1キャスターとして山田優さんが続投するようです。

2003年シーズン以来,フジテレビは地上波放送に「F1キャスター」の新機軸を採り入れて山田優さんを起用してきたが,2005年シーズンも引き続きF1キャスターに継続起用することが内定した。山田優さんは初心者の視点からF1の魅力をお茶の間に届け,ビギナー層を中心に高評価を得ていた。近日中にも続投が正式発表され,今シーズンに向けた意気込みが語られるとみられている。

なお,永井大さんの去就については現段階では「未定」となっている。

http://www.powered-by-formulaweb.com/news/f1news.cgi

ビギナー層を中心に高評価って、それ本当ですか?

と、こんな風に憎まれ口を叩いてはいますが、いや、でも実際のところ、山田優さんの方は個人的にはまだ随分とマシだと思っているんですよ。ルックスもいいですしね。私もF1知識に関しては素人に毛の生えたレベルなので、あまり他人のことを兎や角言えた義理ではありませんが、2003年シーズンの中継では結構勉強されていた印象で、番組内での成長も著しく、後半はなかなか的を射た───思わず「おっ」と感心してしまうような会話もしていました。まあ、その分、2004年シーズンのちゃらんぽらんぶりには驚いたというか、ガックリきた訳ですけども。台本、要は番組側が用意した茶番でないとすれば、オフシーズンにリセットされちゃうんですね、あの方。

それよりも、問題は永井さんです。この方は正直言って駄目です。手の施しようがありません。俗に言う脳筋系で、それも柔軟性に欠けるタイプなので、相応の知的水準と教養が必要なキャスターという役割、それも突っ込んだ専門知識と情報を吸収できるだけのキャパシティが要求されるF1キャスターなんて仕事には向いていません。

そもそもがズブの素人に近いような芸能人を意図的に起用してしまう、まるでバラエティを制作しているかのような、近年のフジテレビのスポーツ中継に臨む姿勢自体に問題が大有りなので、永井さん一人を批難し、彼一人に責任を押し付けるのは可哀想ではあるのだけど、でも永井さんは明らかに力不足であり与えられたポジションをプロとして全う出来ていない。キッパリとダメです。

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1680] »

COUNTERS

  • 01,497,980
    Y: 425 - T: 318

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1680
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年10月22日 (日) 11:42