2005年02月27日 (日)

都市を変えるポップカルチャーOTAKU・おたく

NHK教育、新日曜美術館より。

性格的にはオタク気質とはいえ、属性としては所謂ヌルオタ?ライトオタ?の部類に入る私には、同人とか萌えとかフィギュアとか、そういう下半身直結だったり、よりディープな趣向を突き詰めた方面の趣味はないので興味半分で見ていましたけど、なんか凄く真面目に学術的なオタクを語っていて、おかしかったです。なかなか面白かったですよ。

去年9月から11月までイタリア・ベネチアで開催された「第9回ベネチア・ビエンナーレ建築展」の日本館は、連日驚きと興奮に包まれた。日本館のテーマは「OTAKUが変えた都市空間」。東京・秋葉原を「家電の街」から「オタクの街」へと構造と景観を一変させた「アニメやマンガなどのオタク文化」を、「オタクの街」を会場に再現して展示するという前代未聞の挑戦である。

今週の主な番組

その「ベネチア・ビエンナーレ」での展示では、モックアップの細部に渡るまで入念に作り込まれている様子が伝わってきて、技術、熱意以前に、単純にそこに掛かったであろう労力には感嘆しました。「ベネチア・ビエンナーレ」はもう終了しているのですが、日本でも2月中旬から展示が開催されているそうです。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1731] »

RECENT ENTRIES