2005年04月13日 (水)

Gmailのインターフェイスが日本語に対応

祝Gmail日本語化!Gmailが、待望の日本語を始めとした13言語に対応するとのこと。よし、これでGmailのアドレスをサブアドレスとして使える。

Gmailのインターフェイスが日本語に対応、近い将来に「一般公開」も

現在、順次対応作業を進めているそうで、サーバーによって進捗状況にばらつきがあるそうですが、そんな草稿を用意している間に、私のアカウントも早速、日本語表示への変更が可能となりました。いやぁ、やっぱり日本語で表示されると分かり易くていいですね。ヘルプやマニュアル等々も含めての完全ローカライズ対応っぽいので、ちょっと感心。こりゃいいや。

改めて設定を眺めてみると、メールの転送やPOPにも対応しているのですね。取り急ぎ、Apple Mailを設定して、送受信テスト……OK、バッチリです。これでメールを一括管理出来ますね。

さて、あとは招待状です。まあ、一般公開も近そうなので抜け駆けするメリットはあまり無いかもしれませんが、それでも一応、いち早くGmailのトレンドに触れることが出来る訳ですから、上手く活用して、数少ないネットでの友人達をまるっと招待したいところ。現時点では該当の項目はなく、招待状を送る資格がないようなので、一定期間、まずはしっかり送受信を行って使い込まないとなぁ。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1723] »

RECENT ENTRIES