2005年06月07日 (火)

Apple、PowerPCからIntel insideへ

Apple、Intel製CPU採用を正式発表!ギャース!

Apple、2006年からのIntel CPU搭載を発表~2007年末にはすべてのMacに

……ということで、まあ、先行して報道があったので、実際問題そこまで驚愕するほどのことでもないのですが、WWDCでの基調講演によれば、2006年のWWDCにはIntel製CPUを搭載したMacの出荷を開始し、2007年の終わりには、全てのMacへの搭載が完了するとのこと。情報そのものは報道でもたらされていたにも関わらず、IT界隈ではこの騒ぎですから、WWDCでいきなり発表されていたらどうなっていたんだろうなぁ。

私個人としては、やはりPowerPCというのは「Macの象徴」といった感覚だったので、“G5”やまだ見ぬ“G6”(気が早い)といった最新のPowerPCシリーズがMacから消えていってしまうというのは、一寸寂しいです。iBook G5を見たかったなぁと、感慨にふけることも吝かではない暫し。しかし、気になるのは記事にもあるように、Intelがかつてのような強力なリーダーシップを発揮出来るのかどうか、という点。移行を発表した途端、IBMやAMDに揃って先を越されてしまった、なんて洒落になりません。Intelには気合いを入れて頑張って貰いたい所存。

ところで、もう一つ気掛かりなのは、例のintel insideのシール。Intel製になるということは、あの悪趣味なシールが筐体に貼り付けられることになるのでしょうか。外観を損なうあのシールは止めて欲しいなぁ。まあ剥がせばいいじゃんというのはその通りなんですが、あのシールは逆に「PCの象徴」みたいな感じだったから、なんかイヤン。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1731] »

RECENT ENTRIES