2005年07月08日 (金)

ロンドンで同時多発テロ

ロンドンといえば、つい先日、12年夏季五輪の開催地に決まったばかり。しかし、今回の同時多発テロは、G8サミットにタイミングを合わせたテロだとの見方が大勢のようです。地下鉄車両とバスを狙った爆破テロで、死傷者多数、大きな惨事となってしまいました。信憑性は不明ですが、「欧州の聖戦アルカイダ秘密組織」を名乗るグループがウェブ上に犯行声明を出しているとのこと。治安専門家の中には04年マドリードの列車同時爆破テロに酷似していると指摘する声もあるそうです。

ロンドンで同時テロ 37人死亡、負傷者700人以上

しかし、テロとの戦いを掲げながら、サミット開催期間中にこれほど大規模なテロを許してしまったというのは由々しき事態。テロ因子への対策が非常に困難であるという現実をまざまざと見せつけられた出来事であり、同時に、五輪に向け、ロンドンの治安対策に大きな課題が突きつけらた形です。その衝撃は如何ほどばかりか。

なお、影響が心配されたF1第11戦イギリスGPは、スケジュール通り開催されるそう。ただ、テロ直後だけに、客足が鈍るのは必至の情勢ですね。何事もなく無事開催されることを願います。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1731] »

RECENT ENTRIES