2005年07月09日 (土)

劇団四季「キャッツ」、公演回数6000回達成

劇団四季のミュージカル「キャッツ」が8日、東京は東五反田の特設劇場“キャッツ・シアター”で通算公演回数6000回を達成した、とのこと。83年の東京での初演以来、日本国内でのミュージカル最多上演記録を更新中で、通算観客動員数も9日の公演で延べ600万人を突破するのだそう。

劇団四季、「キャッツ」公演6000回

流石、人気も実力も実績も兼ね備えた、国内唯一無比のプロフェッショナル集団です。持続経営的な興行の成功が難しいと言われる国内のミュージカル産業で、看板だけで客を呼べるのは劇団四季と宝塚歌劇団だけでしょう。しかし、「キャッツ」は劇団四季の代表作品の一つ、普段、ミュージカルには全く興味を示さない私も、これだけはいつか観に行きたいと強く思いながら、今の今まで観に行けずじまい。今回のロングラン公演中に、何とか“キャッツ・シアター”まで足を運びたいのですが、難しいかなぁ。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1734] »

RECENT ENTRIES