2005年07月12日 (火)

“破壊王” 橋本真也さん死去

俄には信じ難い衝撃的な一報でした。死因は脳幹出血とのこと。

私にとって橋本選手は、やはり闘魂3銃士であり、新日本プロレスの人。アンコ型の体型と独特なコスチューム、そして溜めと一撃必殺なヘビー級な戦法は中二病ながら色物にすら思え、当時こそ好きなレスラーではありませんでしたが、今にして思い返せば、実力はもちろんのこと、唯一無二の集客力とアイデンティティを誇り、アスリートとしての華をも兼ね備えた、孤高のレスラーだったのだと、遅きに失しながらも感慨深いものがあります。

紛れも無く彼はプロでありスターだった。晩年は小川選手との激闘や、「負けたら即引退スペシャル」での引退、復帰、そして新日本プロレス解雇と、紆余曲折がありました。ZERO-ONE以降の活動はほとんど知るところではありませんでしたが、フリーのレスラーとして活躍されていたようで、近年では小川選手とともにバラエティなどTV番組への露出も増え、伝え得る限りではその不器用な人柄も魅力的な好漢でした。

40歳、あまりにも若過ぎる死に、よもや言葉がありません。暫くはこのショックを引きずりそうだ。ご冥福をお祈り致します。

リンク:
人気プロレスラーの橋本真也さんが死去、死因は脳内出血か
プロレスラーの橋本真也氏が死去
<訃報>橋本さん死去 盟友・小川直也さん悲痛

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1730] »

RECENT ENTRIES