2005年07月13日 (水)

「かみちゅ」の巻

Image:かみちゅ

一頻り「かみちゅ」のバックボーンを説明しなければならなかった初回はいまいちパッとしない印象でしたが、寓話的な不思議な世界観がとてもいい。古き良き時代を彷彿とさせる自然豊かな情景と、一見して愛らしい万物の精霊や八百万の神々は、ツボを押さえた癒し系の趣き。まったりとしたコメディタッチのノリは、実にほのぼのとしていて、落ち着きます。安心感がとても心地良いですね。

また、設定に驕らず、絵もしっかりしています。世界観を支える屋台骨がしっかりしているというのはいいですよね。落ち着いた色合いの絵が独特の雰囲気を醸し出していて、よく似合っていると思います。

なんか褒めちぎっていますが、「かみちゅ」、私は好きです。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1726] »

RECENT ENTRIES