2005年07月22日 (金)

ニートは64万人、3年連続で同水準

厚生労働省は、04年の雇用情勢を分析した「05年版労働経済白書」の中で、仕事も通学もせず職業訓練も受けていない“ニート”に相当する若年無業者が、3年連続で同水準の64万人と推計しました。若年無業者は、仕事と求職活動をしていない15~34歳のうち、家事や通学もしていない人の集計。年齢層別では、25~34歳が02年の35万人から毎年1万人ずつ増える「高年齢化」が見られるという。

ニートは64万人、3年連続で同水準 労働経済白書

若年無業者かぁ……拙者も病気療養中の身とはいえ、その実態はニートの定義に即したもの。この64万人の中に私が含まれていると考えると、なんだかもの悲しくなってきますね。せめてフリーターではありたいと、最底辺で願う日々。ニートを脱出できるのは、果たしていつの日か。出口の見えない道程ですね。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1738] »

RECENT ENTRIES