2005年07月22日 (金)

金曜ロードショー「ルパン三世SP・天使の以下略

ここ数年の、特番枠で放送されている「ルパン三世」はあまり好きではないので、ストレスを溜めないように流し見。

そんな“ながら見”でこんな世迷い言を書き散らかすと怒られそうですが、絵、ストーリー、脚本、演出、カット割り、etc……何もかもに違和感が。なんとも上手く表現出来ないのがもどかしいのだけど、とにかく違和感が。

正直、この金曜ロードショー枠の「ルパン三世」シリーズは、ルパンの声優が変わってから酷くなる一方だという気がするのですよ。昔のTVシリーズには程遠い、どこかあざとさと上辺のアイコン性だけをなぞった二次創作を見ているかのような出来映え。思い出の中の「ルパン三世」は、飾らないさりげなさが小粋でオサレなアニメだった気がするのですが、思い違いでしょうか。

しかし、TVシリーズの再放送を観てみると、これが今でも結構面白かったりするので、やっぱり昔の「ルパン三世」は面白いんですよね。洒落てるんですよ。懐古だとは言ってくれるなと、それでも、同じ同人的作品でも、これならいっそ逆張り方向にベクトルを振り切っている「ガンダムSEED」の方がまだ潔い分マシだという気さえ……今日の放送は、はっきり言ってしまえばそれほどのクソでした。

根性がひん曲がっててごめんね。

リンク:
金曜ロードショー:ルパン三世SP・天使の策略-夢のカケラは殺しの香り-

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1726] »

RECENT ENTRIES