2005年07月26日 (火)

Now Playing|ACLR O.S.T.

Amazon.co.jp:アーマード・コア ラストレイヴン オリジナルサウンドトラック

従来のエレクトロポップなテクノ基調のサウンドとは一線を画する内容で、軽快で表情豊かだった直系のNXNBと比べても印象は180度異なります。

華やいだ雰囲気はナリを潜め、彩度を抑えた硬質なOPムービーを地で行くヘビーなビーツ主体のサウンドは、ある意味でバックグラウンドミュージックの本質に徹しており、単調でドライな反復が無機質な味わいを醸し出しています。そこに、これまでの"青臭さ"や"ダサ格好良さ"は皆無で、これを垢抜けたと見るか、持ち味を失った劣化と見るかは人によりけりだと思いますが、矮小化されたプロップには厚みが無く、画一化されたアルバムの世界観は一切の感情の介入を許しません。そしてそれは、退屈に感じられるほど限りなく地味で、起伏のないポーカーフェイスなミニマルサウンドに仕上がっています。

これ!といったお気に入りの楽曲を見付けることが難しい今作は、ACテクノ的な評価軸で見ればストライクゾーンを外しており、私の様にNXNBを踏襲したサウンドを期待すると痛い目を見るかもしれません。ちなみに、今回音楽を担当されたのは一木裕樹さんという方。ACのサウンドを本格的に制作されるのは初めてとのことです。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1726] »

RECENT ENTRIES