2005年08月10日 (水)

東芝EMIが新CCCDをリリース

未だにCCCDの販売を継続している東芝EMIが、パソコンでの使用を考慮した新方式のCCCD「セキュアCD」をリリースするという。

「従来のCCCDとはデータの保護方式が異なり、従来の一部機種での再生の不具合は発生しない」と説明していますが、機能上、通常の音楽CDと呼べるものではなく、CCCD以外の何者でもありません。にも関わらず、この「セキュアCD」では、これまでのCCCDとは動作等が異なるという理由から、CCCDに付けられていた「CCCDロゴ」は使用されないとのこと。なお、専用ソフトはMacやiTunesには非対応。加えて、FairPlay DRMには対応していないので、iPodへの転送は不可能です。

ちょっと唖然としてしまいます。錯誤も甚だしいというか、もはや錯乱しているだろう、これは。東芝EMIは、意地でもCDDAでの販売はしないつもりなのでしょうか。これ以上、ユーザーのニーズから剥離した愚行を続けてどうするのか。CDDAでの再出荷を行っているSMEの姿勢を少しは見習ったらどうなの。

リンク:
東芝EMIがパソコンでの使用を考慮した音楽CDを販売に

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1731] »

RECENT ENTRIES