2005年08月31日 (水)

15分の昼寝で能率アップ

福岡県の高校で約1000人の生徒を対象に40日間、15分間の「昼寝タイム」を設けてその効果を調べたところ、昼寝した生徒は午後の授業に集中でき、勉強の能率も上がるという傾向があることがわかったという。

昼寝15分で成績アップ? 高校で調査「能率上がる」

この調査結果が、個別にどの程度信頼性のあるデータなのかは分かりませんが、でも、例えば一般のオフィスなどでも、昼寝をすると仕事の能率が上がることは既に各種の検証から立証されていますし、やはり適度の昼寝は、仕事においても勉学においても、集中力アップや能率アップに効果があるのでしょう。否定的な風潮、というのは残念なことなんですよねぇ。この辺り、論理や科学よりも情緒に支配されている感じがしてダメ。もっと皆が自由に昼寝できるようになるといいのに、会社でも学校でも。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1723] »

RECENT ENTRIES