2005年09月10日 (土)

NHK、法的手続き導入に前向きの意向

NHKの橋本元一会長は8日の定例記者会見で、受信料不払いに対する法的手続きについて、20日にも発表予定のNHK改革の「新生プラン」に「導入するテーマと考えている」と述べ、受信料の趣旨や改革の努力を十分に説明した上で、やむを得ない場合に限り、簡易裁判所による「支払督促」を検討する意向であることを明らかにしました。

法的手続き導入に前向き 受信料不払いでNHK

我が家は普段からNHKもBSもしっかり視聴していますから、勿論、受信料は支払っています。ですが、果たして年金なんかと同列に語って良いものなのかどうかは分かりませんが、こうも不払いの世帯数が多いと、まともに料金を支払っているのが馬鹿らしく思えて来る、なんてことが無い訳でもありません。人情として、不公平感を感じないと言ったら嘘になりますし、不払いの事実上の放置に納得出来ない部分もあります。なんとか公平に徴収してもらいたいものですが、かといって何か妙案が浮かぶ訳でもないので(まあ、国営化→税金徴収が一番手っ取り早いのかなとは思いますが)、問題点があるにせよ、法的手続きを導入するというのは対処療法として致し方ないことなのかもしれませんね。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1726] »

RECENT ENTRIES