2005年09月13日 (火)

セブンイレブン、飲料値下げへ

セブンイレブン・ジャパンは、清涼飲料の主力商品の店頭価格を全国約1万1000店で一斉に22円引き下げたとのこと。値下げの対象となるのは、「コカ・コーラ」「午後の紅茶 ストレートティー」「お〜いお茶」など7品目の500ml入りペットボトル。炭酸飲料、紅茶、緑茶など各分野でナショナルブランドの売れ筋を選び、価格を147円から125円に約15%引き下げています。大手コンビニエンスストアで清涼飲料を本格的に値下げするのは初めて。

コンビニ価格戦略に転機・セブンイレブン飲料値下げ

知人が「セブンイレブンに行ったら清涼飲料水が安かった」っていうものだから、何かと思ったらこれでした。遂にコンビニも価格競争の時代に突入ですか。まだまだ値下げ幅は小さく、対象商品も限定的なものですが、業界の歴史的な転換点となるのは間違いありません。

ウチの場合は、地元の商店街で比較的安く物品が手に入るので、この程度の値引き率でわざわざセブンイレブンを利用することはありませんが、それでも、「いつでもどこでも」のコンビニで少しでも安く商品が手に入るというのは良いことです。他社への波及効果とより戦略的な価格設定を期待しつつ、貧乏ないち消費者としては諸手を上げて歓迎したいところですね。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1731] »

RECENT ENTRIES