2005年09月22日 (木)

F1、ジェンソン・バトンBAR残留決定

このほど、2006年のBARホンダのレースドライバーとして、ジェンソン・バトンが参戦することが正式に発表されました。今回、チームとの間で複数年の契約延長に合意したとのこと。これにより、来年1月1日からチームに加わることが発表となっているルーベンス・バリチェロが、2006年シーズンからバトンのチームメイトとなります。

戦力外通告とは非情ですが、来る日本GPを目前に控えて、佐藤琢磨が来季BARホンダのシートを失うことが確定となりました。結果を見れば明らかな実力の差とはいえ、一度はBARホンダを蹴ってウィリアムズBMWに浮気したバトンを、それでもチームが選んでしまうとは、なんともほろ苦い。琢磨はBARホンダでは本当に待遇に恵まれなかった、そんな感傷が湧いて出ては消えて行くものの、しかし、正式に発表されてしまったものは仕方がありません。気持ちを切り替えて行かないと。

さて、こうなると来季以降の去就が気になるところですが、やはりBARホンダのテストドライバーの座に収まるのが最有力なのでしょうか。しかし、そうすると、もはやBARホンダでの正ドライバー復帰が絶望的な中、そのままF1のキャリアを終えてしまうことにもなり兼ねない。それではあまりにも悲しい。BARホンダというチームもどこか不甲斐なく、信用ならないところがあるので、かのチームに留まることが得策とは思えないし。琢磨のコメントにもある「朗報」とやらを、今は期待して待つしかありませんね。

リンク:
ジェンソン・バトンが2006年BARホンダで参戦決定(ホンダプレスリリース)
正式発表 BARはバトンとバリチェロ!
バトン残留決定で気になる佐藤琢磨の去就は?

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1682] »

COUNTERS

  • 01,530,332
    Y: 422 - T: 98

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1682
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年12月16日 (土) 02:03