2005年09月25日 (日)

ソニー、「クオリア」開発停止へ

ソニーは、最高級ブランド「クオリア」の製品群の新規開発を停止する方針を固めたとのこと。既存製品の製造・販売は当面続ける見込み。07年度までの新しい経営方針では、テレビや半導体など不振のエレクトロニクス事業の構造改革が焦点で、旧経営陣の多角化路線を修正するという。

最高級ブランド「クオリア」 ソニー、開発停止へ

究極の技術という割にはまるでユーザビリティに配慮がないデザイン、最高の高級感という割には性能に疑問符の付く品質、そこにあったのは価格の高さだけ。評判を見聞する限り、混迷のソニーを象徴するに相応しい、やや時代錯誤な、ちぐはぐな製品群が目立っていた印象のある「クオリア」。存在意義は兎も角、企画コンセプトにクオリティが伴っていなかったこの高級志向のブランドは、一部を除いて有名無実もいいところ。開発停止はソニーにとって正しい決断だったと思います。登場から僅か2年、早過ぎる終息ですが、ソニーブランドの復権どころか、逆効果を及ぼし兼ねなかったこの企画が、このままズルズルと継続されなくて良かった。少なくとも、現・経営陣下では、ね。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1731] »

RECENT ENTRIES