2005年10月02日 (日)

本日のエウレカ + スーパーヒーロータイム(10.2)

エウレカセブン

は、もう終わっているのかもしれない。というのも、高揚感、期待感がないのだ。このままストーリーが進行し、全ての伏線、謎が明らかになったところで、大して面白くもないんじゃないかという、結末を展望できない失望感。眉毛の無いエウレカと並んで、唯一と言ってもいいくらい、ビームス夫妻のキャラクターには愛着を持っていますが、何せ都合の良過ぎる展開、少々唐突で強引です。このまま盛り上がることなく、そこそこに楽しめないこともないエピソードを適当に散布して終息して行くのかもしれない。

仮面ライダー響鬼

「仮面ライダー響鬼」は、ここ数話で、まあすっかりアーバンな仮面ライダーになってしまって……いわゆる「いつも通りの平成ライダー」といった体裁を見繕ったところで、それは果たして「響鬼」なのか、わざわざ「響鬼」でやることじゃないんじゃないかとは思うのだけど、もう後の祭り。未練をたらたらと、お見苦しいところをお見せしてしまって申し訳ないです。しかし、今回からオープニングが一新された訳ですが、一体あれはなんなんだ。申し訳程度の布施明成分をまぶしたところで、風情の欠片も無かった気がするのは錯覚か、屈指の改悪を評したくなる改編。一人、非難囂々でブー垂れていたところ、気付いたらEDもなかったぞ。もうわけわかんねー。

それにしても、ただの馬鹿に成り下がってしまったトドロキさんを尻目に、持田ひとみさん、あれは本当にラブレターだったのでしょうか。何か裏があっての行動なんですよね。まさか本気で明日夢少年を見限って、大根・桐矢京介に鞍替えした訳ではないでしょう。いくらあんまりな評判の脚本でも、いくらなんでも、そこまでしないですよね?

「明日夢少年との思わせぶりな仲はそんなに安っぽいものだったのかー!」
「ひとみさんはそんなに軽い女子だったのかー!」

心の叫び。果たして土壇場で、夢、破れたり、か。

しかし、ああ、なんてことだ。決別したはずの「仮面ライダー響鬼」に、毎週毎週、一喜一憂させられている。いいように振り回されているぞ。

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1680] »

COUNTERS

  • 01,498,102
    Y: 425 - T: 440

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1680
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年10月22日 (日) 11:42