2005年10月04日 (火)

平成電電が民事再生法を申請

平成電電は、東京地裁に民事再生法の適用を申請しました。負債総額は9月末で約1,200億円、10月3日以降の資金繰りができなくなったとしています。直収電話サービス事業「CHOKKA」やADSLサービス「電光石火」など、従来のサービスは今後も継続するとのこと。

平成電電、民事再生法を申請~負債1,200億円、サービスは継続

以前、平成電電のADSLサービス「電光石火」を検討していた時期もありました。独自の低価格路線を打ち出し、孤軍奮闘していたように思われましたが、続々と大手事業者が参入する中、直収電話事業でも苦戦を強いられ、想像以上に競争は厳しかったようですね。ユーザー数が計画に達しなかったというのは致命的で、設備投資に見合う顧客数が確保出来なかったのでしょう。

「サービスの停止を回避して継続。事業の再生を図る」とのことですが、近いうちに買収されることになるのかな。どこか事業を引き継ぐに適当な会社は見つかるでしょうか。

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1680] »

COUNTERS

  • 01,497,635
    Y: 900 - T: 398

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1680
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年10月19日 (木) 08:13