2005年10月09日 (日)

本日のスーパーヒーロータイム(10.9)

いやああああああ!

最後の砦、ザンキさんまでもがおかしなことになってしまった。嗚呼、なんてことだ。来週はそのザンキさんに因縁深いエピソードらしいですが、これでは不安も募るというもの。みんなキャラクター変わり過ぎだよ、グスン。今日はまだ面白かったからいいけれども、ひどいや、脚本さんひどいや。シュキさんが転校生に続く爆弾になりませんように。

一方、順調に周回を重ね、今日の放送でターニングポイントを迎えたのが「マジレンジャー」。これまで「勇気」と「魔法」という便利なキーワードで、どんな困難をもご都合主義的に乗り越えて来たマジレンジャーですが、これはひょっとすると、ウルザードさんが小津兄弟の父親なのではないか、そんな予感を匂わせるお話でした。なんてベタな設定、だが王道だ、そのシンプルな潔さがまたいい。インフェルシアに組しながらも、騎士道精神を忘れない誇り高き孤高の戦士ウルザード、クライマックスに向けて、小津兄弟に非常に大きな試練を与えることになりそうですね。その戦いの果てには、複雑な愛憎と悲哀が横たわりそうな気配がして、ここに来て、想像以上に深みのある物語が展開しそうです。

それにしても、ヒカル先生、いいですよね。エレガントでいて爽やか、且つ嫌味が無いという、実にパーフェクトなキャラクターをしています。これは、演じる市川洋介さんの魅力が大きいのでしょう。中の人で「マジレンジャー」後も手堅く活躍が期待出来るのは、ヒカル先生とマジ緑な気がするなぁ。個人的にはマジ黄色も好きなんだけど、癖がある分、個性が生きる場面は意外と少ない気がする。次点でマジ桃です。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1726] »

RECENT ENTRIES