2005年10月16日 (日)

本日のエウレカ + スーパーヒーロータイム(10.16)

ヒョー、一体どうなっとりますね、今日は。「エウレカセブン」に「マジレンジャー」と、あの盛り上がりは異常。朝っぱらから目の覚めるような面白さに、思わず引き込まれました。随分と得をした気分です、まさに三文の得。

エウレカセブン

特筆すべきは「エウレカセブン」で、ここ数話は、“溜め”と呼べるような何かを予感させる静かな、しかし、確かな手応えのあるテンションが続いていて、僅かに明るい兆しが窺えていたのですが、それは「レントンとエウレカの再会」この日に向けて歩を進めていたものだったのですね。そして、今日まさにそれが一気に爆発した感じ。“モーニング・グローリー”の名に相応しい入魂のエピソードでした。

助走が長かっただけに、そこを辛抱して味わうカタルシスはまた格別なもので、一種のトランス状態でもあります。ただこの光景、以前にもあったような。冗長なエピソードが続くと、たまの節目に迎えるクライマックス感が際立って印象深い、ということでしょうか。まあ、それだけ、その他の埋没したエピソードとの抑揚の差が激しいのでしょう。「エウレカセブン」は一つの山場を迎えるまでに我慢を強いられる場面が多いので、そこら辺がまた心配の種ではあります。

魔法戦隊マジレンジャー

一方の「マジレンジャー」、先鋒の余韻も覚めやらぬ内に、いよいよ明らかになった「ウルザード=父・ブレイジェル」の図式。青空のフラッシュバックと小津兄弟の写真を効果的に使った演出がドラマチックにストーリーを盛り立てる中で、明示された母親の仇敵であるウルザードさんの正体が、複雑に絡み合う因縁とともに物語に深い愛憎と哀しみをもたらすのです。父ことブレイジェルこと勇役の磯部勉さんもまた渋いおじさまで。今日の『マジ』は絶品でした。

仮面ライダー響鬼

翻って「仮面ライダー響鬼」と来たら……もうどうでもいいや。先週の放送でどこかへ逝ってしまったザンキさんは何とか現世に戻ってきましたが、「鬼の鎧」なんていう妙なアイテムが出て来たと思ったら、朱鬼さんのコスチュームは見るも無惨なクオリティで、ヒドス。シュキさんも案の定「爆弾」を抱えている風で、いよいよグダグダになって来た感じです。前座2本が屈指の出来映えだっただけに、なおさら本日の『響鬼』は霞んでしまう。合掌。

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1680] »

COUNTERS

  • 01,498,765
    Y: 374 - T: 138

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1680
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年10月24日 (火) 05:57