2005年12月05日 (月)

関東大学ラグビー対抗戦、早大が5年連続全勝優勝

冷たい雨の降りしきる伝統の早明戦。守勢に回っても崩れない早稲田、40-3で明治をノートライに抑える圧勝でした。

早稲田は、ペナルティが目立った前半、天候の影響もあってかボールが乱れ、圧倒的な支配率の割には明らかに攻め倦ねていましたが、しかし、ここ一番で精度を発揮する機動力と冷静沈着な戦略から動きそのものは安定しており、内容としては完璧に近い仕上がりだったと思います。明治のお株を奪う縦に強いFWは、「フォワードの明治、バックスの早稲田」の型に収まらない貫禄の現れ。一方の明治は、終盤に垣間見せた気迫の攻めを要所で展開していれば、もっと白熱した攻防を繰り広げることも、或いは、接戦に持ち込むことも可能だったでしょう。セットプレーで崩れた分、集中力を欠いていた印象が強く、不甲斐ない感あり。しかし、一番に苦言を呈したいのはNHKの映像班。一時のカメラワークやスイッチングがすこぶる悪く、一体どうしたのかNHKスポーツ中継としての精彩を欠いていました。しっかり!

これで早稲田は5年連続対抗戦全勝優勝の快挙を達成。清宮監督の下で黄金期を築いている今、穴という穴さえ見つからない彼らの駆動力を持ってすれば、大学選手権の連覇も堅いでしょう。テレビ中継はお正月の大学選手権準決勝までお預けですが、ミーハーな私は、ここ2戦で活躍の目立ったキャプテンの佐々木君とFBの五郎丸君に引き続き注目したいところ。

リンク:
早大が初の5年連続全勝V−関東大学リーグ対抗戦

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1734] »

RECENT ENTRIES