2005年12月06日 (火)

「404 Not Found」エラーページのカスタマイズ

URLが存在しない場合の不正表示「404 Not Found」。この手のエラーページを、レンタルサーバ「ロリポップ」でもカスタマイズ出来ると知って、早速「404 Not Found」だけ急ごしらえで作成してみました。大変に粗末なものだけど、方法は以下の通り。

カスタマイズを適用するには、.htaccessファイルが利用可能なサーバであることが条件となります。まず、エラーページ用に作成されたファイル(仮に404.html)を用意し、サーバにアップロードします。.htaccessには

ErrorDocument 404 http://ramhorn05j.com/404.html

または

ErrorDocument 404 /404.html

を記述し、適当なディレクトリに配置。これだけでOKなんだそうな。例えば、

http://ramhorn05j.com/

にこの.htaccessファイルを置けば、トップ以下の全てのディレクトリに表示が適用されます。前者の場合は記述のアドレスにリダイレクトされるので、URL欄に表示されるURLは、この場合

http://ramhorn05j.com/404.html

となり、後者の場合はURL欄に入力した元のURLがそのまま表示されます。なお後者のパスは、.htaccessが置かれたディレクトリから見た相対パスではなく、DocumentRootから見た絶対パスを記述するとのこと。


ステータスコード「404」の他にも、.htaccessを活用して以下のエラーメッセージがカスタマイズ出来ます。

1. Unauthorized(401)
認証を必要とするページにアクセスしようとして、失敗した場合。

ErrorDocument 401 /weblog/401.html

2. Forbidden(403)
リクエストは受け取ったが、事情によりリクエストを受け付けなかった場合(アクセスする権限のないディレクトリ等にアクセスした場合など)。

ErrorDocument 403 /weblog/403.html

3. Internal Server Error(500)
CGIプログラムファイル等で、パーミッション設定や記述を間違えている場合。

ErrorDocument 500 /weblog/500.html

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1731] »

RECENT ENTRIES