2006年01月01日 (日)

2005年は「PRIDE 男祭り」で年越し

「Dynamite!!」をビデオ録画しつつ、2005年は「PRIDE 男祭り 2005 頂 -ITADAKI-」で年越し。

PRIDE OA Information 2005

PRIDE男祭り 2005
「頂上決戦!!ハッスルか?金メダリストか?2大柔道王が宿命対決で大ゲンカ!史上最大の格闘技マッチ」

2005年12月31日(土)18:00〜23:45

しかし、打倒「紅白」を掲げる割には、プレイバックを連発する緩慢な構成が中々酷くて、見ていて気持ちのいい中継ではありませんでした。これではまともに視聴率を稼ぐことは難しいのではないでしょうか。何せ6時間にも及ぶ尺はあまりにも長過ぎるからして、せめて半分の3時間スケールで試合を回せば、集中力を切らさずに番組そのものをもっと楽しめただろうに。昨年の反省が生かされなかった、というよりは、そもそも失敗材料として捉えられていなかった様子です。

特筆すべきカードも少ない半ば惰性での視聴でしたが、それでも内容的にはそこそこ見所が有りました。派手にショーアップされたオープニングから、昨年に引き続き披露された高田総括本部長の雄々しいふんどし姿も、個人的には買い。

五味隆典選手、美濃輪育久選手、ヴァンダレイ・シウバ選手、ミルコ・クロコップ選手、エメリヤーエンコ・ヒョードル選手などなど、お気に入りのPRIDEスターが揃い踏みした興行でしたが、かいつまんで省略。そんな中、案の定しょっぱい試合で敗北を喫した金子賢さんは、今回唯一、PRIDEの汚点と見られてもおかしくない“劇薬”としてのエントリーでした。が、当人の努力と意気込み、覚悟に後光が差したのか、観客の声援は意外にも温かいものでした。とりあえず、実を得て死なずには済んだ訳ですから、芸能人特権ならではの恵まれた経験を今後の人生の糧にして頂きたいものです。一方、注目のメインカードであった小川直也 vs 吉田秀彦の試合では、大方の予想に反し、足を破壊された小川選手が敗北を喫してしまいました。あっけない決着にも思えた勝負には厳しい評価が集まっていますが、私を含め、「プロレスラー小川直也」としての圧勝を期待していた向きにはあまりにもショッキングなリザルトであり、小川選手にはあのいけ好かないアマチュア柔道家を叩き潰して貰いたかっただけに、ただただ残念な結末であるとしか言い様がありません。勝ってハッスルを見たかった。

しかし、それよりもショックだったのは、慣性の法則にかまけて、「第56回 NHK紅白歌合戦」のハイライトであった布施明さんの「少年よ」を見逃してしまったこと。

紅白に仮面ライダーが登場

御大の登場は8番目、慌ててチャンネルを合わせた頃には、既に11番手の氣志團がPRIDE仕立てのパフォーマンスを披露していました。仮面ライダーと共に、ヒビキさんも登場したと言うのだから、これは悔しい。

オロローン、泣いてやるぜチクショー!

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1675] »

COUNTERS

  • 01,463,362
    Y: 936 - T: 31

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1675
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年08月11日 (金) 07:56