2006年01月29日 (日)

サイドフィード「Fresh Reader」ベータ版リリース

サイドフィードは、サーバーインストール型のRSSリーダー「Fresh Reader」ベータ版の無償配布を開始しました。

Fresh Readerは、管理者がサーバーにインストールし、クライアントからはブラウザで利用できるRSSリーダー。RSS 0.9/1/0/2.0とAtomに対応し、PodcastingのencolosureタグやOPMLの読み込みもサポート。Ajaxの採用により、クライアント型RSSリーダーのような利便性向上を図っているほか、多言語表示、不正コードの自動排除によるセキュリティ対策も行なわれている。

サイドフィード、ブラウザから利用できるサーバー型のRSSリーダー

「Bloglinesを徹底的に研究した」という、高機能なRSSリーダーが登場。サーバーインストール型でありWeb型であり専有型であるのが特徴。Mac OS Xでは、Safari、Firefox、Internet Explorer、Netscapeでの動作が確認されています。企業のイントラネットでの利用を前提に開発されているそうですが、個人で利用することも可能であるとのこと。正式版は、10ユーザー版が52,290円、1ユーザー版が3,000円を予定しています。ただし、ブロガーには無償ライセンスも用意されるというから、まあなんて太っ腹、有り難い話です。

FreeBSD版はMac OS Xにインストールすることも可能ですが、「企業のイントラネットでの利用が前提」というだけあって、そこいらのRSSリーダーと同様、気軽に取り回して……という訳にはいかず、相応の敷居の高さがあります。魅力的なソフトですが、自信がないので今回はパス。

リンク:
http://blog.myrss.jp/archives/2006/01/_web_rss.html

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1730] »

RECENT ENTRIES