2006年01月31日 (火)

サッカー日本代表の新アウェイ・ユニフォームが発表

サッカー日本代表の新しいアウェイ・ユニホームが宮崎合宿初日の29日、宮崎総合運動公園陸上競技場で発表されました。

Image:サッカー日本代表 アウェイ・ユニフォーム 2006

ただ、ホーム用では脇腹部に左右対称に分かれた刀文は、左側にイレブンを意味するように11本並べられた。またホーム用にはある襟がなく、ステッチには初めて日本サッカー協会のシンボルマーク『八咫烏(やたがらす)』から取った黄色を入れた。

最新のアパレルテクノロジーを駆使したというサッカー日本代表のオフィシャル・ユニフォームは、その機能性も然ることながら、宮本主将に曰く「今までにないデザイン」が新鮮な味わい。今回発表されたアウェイ・オフィシャル・ユニフォームは、日本刀をモチーフにした「刀文」のアクセントが前面に押し出されており、かなりスタイリッシュな出来映え。「日本代表」を冠するスポーツウェアでありながら、ありきたりの「日の丸カラー」に溺れない、「ジャパンブルー」を標榜するサッカー日本代表のデザインコンセプトは、本当にお洒落で羨ましい。アディダスの見事な仕事ぶりも御の字ですが、この上品で美しいアウェイ・ユニフォームは、1994年のユニフォームに次いで、個人的にはかなりのお気に入りです。

リンク:adidas

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1731] »

RECENT ENTRIES