2006年02月12日 (日)

「魔法戦隊マジレンジャー」最終回

Photo:魔法戦隊マジレンジャー - Final Stage

ハハハ、こやつめ!最大級の褒め言葉として、これはもう笑うしかないのでしょう。マジレンジャー恐るべし。

前回、クライマックスにBGMとして挿入された魁君の美声は思わず吹き出してしまう程の衝撃的なものでしたが、とにかくここ数話は、内容を詰めに詰め込んだ怒濤のハイスピード展開が続いておりました。初見で拒絶反応を示したマジレンジャーもいつしか馴染みのコスプレ物語となり、ついに本日、最終回へと至ったのでございます。魔法、それはご都合主義!

【Final Stage】伝説への帰還 ~マージ・マジ・マジェンド~

豪華な声優陣と秀逸なデザインを取り揃えた絢爛たる冥府神もいつの間にか壊滅し、スフィンクスとバンキュリアが結託し寝返る裏で、最後に立ちはだかったのは真打ちン・マ。“絶対神”というインパクトをして、圧倒的な強さと凶悪さ、時間すら食らうという異次元ぶりを誇り、「勇気と魔法」の世界でこれほどボスとして優秀な存在もありません。そのン・マを眼前に、脆くも崩れ去ったのはヒカル先生、マンダム・勇さん、そして身代わりとなったスモーキー。しかし、その唖然もいいところのあまりにも呆気ない散り様が、逆にファンタジックなハッピーエンドをより強く確信させました。

“フェイタル・ブレイド”も何のその、総ての源は、巻きに巻いたシナリオと、勇気と不死身の素敵パワー。これは多分「笑え」ということなのでしょう。インフェルシアのデザインに惹かれて始まったマジレンジャーも、いつしかヒカル先生など有数のお気に入りキャラが誕生する中で、最終的には、小津家の兄弟愛、特に長男・蒔人君と次男・翼君の奮闘ぶりに突き動かされていた部分が大きく。最後は翼君の頭髪と、不細工な魁君のコスチュームに激しく椅子落ちしつつ、とても幸せな最終回でした。アニキサラダ万歳!

一方、平成ライダー路線回帰の「仮面ライダーカブト」は絶好調に見えます。魅力的なキャラクターとギミック、クロックアップというよりは時間を止めてしまっているエキサイティングな立ち回りが楽しい。本日は、見慣れたお顔の登場にちょっとビックリ、デカピンクことウメコこと菊地美香さんがゲスト出演されていました。やっぱりこの人はアニメ・特撮畑のタレントさんなんですね。

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1680] »

COUNTERS

  • 01,498,758
    Y: 374 - T: 131

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1680
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年10月24日 (火) 05:57