2006年03月31日 (金)

姉歯元建築士の妻が飛び降り自殺

耐震強度偽装事件で、建築基準法違反容疑で家宅捜索を受けた姉歯秀次元一級建築士(48)の妻(49)が28日早朝、千葉県市川市の自宅近くのマンションから飛び降りて死亡した。県警行徳署は自殺とみて詳しく調べている。

姉歯元建築士の妻が飛び降り自殺 自宅近くのマンションから

姉歯元建築士は一連の偽装の動機について、「妻が病気がちで入院費が必要だった」旨の話をしていました。奥さんはともすれば“私のせいだ”と思い悩み、自責の念に駆られてしまったのでしょうか。どうにも居たたまれない、やり切れない出来事です。耐震データの偽装に手を染めてしまったが為に、地位を失い、家族を失い、社会からは非難を浴び糾弾され……後に残ったものなど何一つありません。自ら惰性と言いつつ、彼が生活の糧に為したこととは一体何だったのか、虚しい、本当に虚しい。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1723] »

RECENT ENTRIES