2006年04月09日 (日)

本日の仮面ライダーカブト(04.09)

ぽっかりと抜けてしまった「交響詩篇エウレカセブン」の存在に寂しさを感じつつ、それでも時間的には余裕が出来ましたお陰で、随分と気楽な日曜でございます。

仮面ライダーカブト:第11話

シュールなギャグの応酬とフェミニンな演出。良くも悪くも“はっちゃけた”悪名高き井上敏樹脚本に、田崎竜太監督の“思い切りの良さ”が感じられた今週は、第3のライダー「ドレイク」が登場。ギターケースに仕事道具を忍ばせる子連れのメイクアップアーティスト風間大介は、一癖も二癖もある変人さん。トンボ型のドレイクゼクターによって変身した新ライダーは、マッシブなプロテクタータイプのカブトやザビーとは異なり、どこかファンシーで仮装的な印象。力押しではない、一味違った立ち回りが期待できそうです。

既に3人のライダーが登場した「仮面ライダーカブト」ですが、二転三転したザビーの資格者は欠番状態。鳴り物入りで参戦した矢車こと徳山秀典氏も、拍子抜けするほどあっさりとその役目を終えてしまいました。ライバルとしての再登場はもう望めないのかなぁ、残念だ!

追伸、驚愕の「カブト煮」に続いて、クロックアップでイカサマを働くという今回のスーパーヒーロータイム・ザ・オマケ。「仮面ライダーカブト」のオマケは総じてレベルが高いです。

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1681] »

COUNTERS

  • 01,513,644
    Y: 206 - T: 226

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1681
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年11月15日 (水) 00:19