2006年08月09日 (水)

Apple、クアッドXeon搭載「Mac Pro」を発表

Appleは、サンフランシスコで開催中のWWDC 2006の基調講演で、Intel CoreマイクロアーキテクチャCPU「Xeon(開発コード:Woodcrest)」を搭載するプロフェッショナル向けデスクトップ製品「Mac Pro」を発表しました。「PowerMac G5」の後継にあたる製品で、Intel CPU搭載により新しいシリーズ名称が与えられています。標準仕様は1種類のみですが、Apple StoreのBTOによりCPU等の構成変更が可能で、490万種類以上のカスタマイズが可能とされています。Apple Store価格は319,800円。

Photo:Mac Pro

・2基の2.66 GHzデュアルコアIntel Xeonプロセッサ
・1GBの667 MHz DDR2 FB-DIMM ECCメモリ(16GBまで拡張可能)
・256MBのGDDR2 SDRAMを搭載したNVIDIA GeForce 7300 GT
・250GB シリアル ATA (3Gbps)ハードディスクドライブ(7,200 rpm)
・2層記録対応の16倍速SuperDrive™(DVD+R DL/DVD±RW/CD-RW)
・4基のPCI Expressスロット:1基のダブルワイドグラフィックススロットおよび3基のフルレングス拡張スロット
・Mighty MouseおよびApple Keyboard付属

「PowerMac G5 Quad」より見劣りするマシンを出すことはできないということで、デュアルコアのXeon 5100シリーズを2基搭載し、クアッド構成としています。64bitOSを搭載するマシンとしての妥協はなく、性能を見ても価格を見ても、およそ一般人には縁の無いマシンと言えるでしょう。あれで結構高速だと言われていた「MacBook」や「MacBook Pro」が霞んでしまいますから、正真正銘のワークステーションであり、全てのMacラインナップを牽引するフラッグシップモデルとして遜色はありません。ただ、こちらも筐体の刷新はありませんでした。理路整然と配され、しかし色気がある内部構造の美しさに比べて、ともすれば無愛想な印象すら与える硬質な外観はあまり好きではありません。

なお、法人向けの1Uサーバー「Xserve」にもIntel Xeon 5100シリーズが搭載されたことで、Appleのコンシューマー / プロフェッショナル / サーバーの全ラインナップがIntel CPUへの移行を完了したことになります。

News Release:
アップル、クアッド64ビット Xeonプロセッサ搭載の新しいMac Proを発表
News Release:
アップル、クアッド64ビット Xeonプロセッサ搭載のXserveを発表

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1730] »

RECENT ENTRIES