2006年10月17日 (火)

本日のお届けもの:HCMP Zガンダム3号機 ほか

新品未開封品を某マーケットプレイスにて購入。初回販売分のみの限定版として発売され、現在プレミアの付いている商品です。合計で11,000円の出費。

Amazon.co.jp:Zガンダム3号機(グリーンダイバーズver)

  • HCM-Pro 20-01 NRX-044 アッシマー(グリーンダイバーズver)
  • HCM-Pro 23-01 MSZ-006 Zガンダム3号機(グリーンダイバーズver)

素体そのものは、塗装にしろパーツ分割にしろギミックにしろ、「逆シャア」シリーズ以降の最近のラインナップと比較すると、むしろ見劣りしてしまう位の出来ですが、グリーンダイバーズバージョンはとにかくそのカラーパターンが魅力的で、プレミアを惜しんででも手に入れたかった代物です。

が、この個体はとにかく塗装が荒く、特に「Zガンダム3号機」は、塗装のズレ、飛び散り、はみ出しなどが目に余り、お世辞にも褒められた仕上がりではありません。現物を前に、これがプレミア価格で購入する程の価値がある商品かと問われれば、正直“微妙”だと答えざるを得ませんが、それでも念願叶っただけあって一頻り満足はしています。

ざっと眺めるに、「Zガンダム3号機」は相変わらず隈取りが健在で惜しいのですが、頭から足まで統一された配色とラインパターンのお陰で、ボディはノーマルバーションよりも一回り大きく、ガッシリとして見えます。メリハリの付いた逞しい佇まいは、素立ちさせるだけでも頼もしく、絵になります。バックパックをして亀の甲羅とはよく言われたものですが、全体的な造形バランスは気に入っているので、塗装以外に文句はなし。一方、想像以上に格好良かったのが「アッシマー」で、塗膜の薄いラメ入りのベースカラーが美しく、濃紺とホワイトラインのアクセントが全体の印象を引き締めており、非常に精悍。ノーマルバージョンは「かわいい」とさえ呼べるファニーモデルでしたが、グリーンダイバーズバージョンは間違いなく「カッコイイ」、それでいて気品さえ感じられるモデルです。

それにしても、つくづくこの手の限定版商法の悪どさには気が滅入ります。正規の出荷分は軒並み転売屋に買い占められ、本当に欲しいユーザーの手に渡らないばかりか、プレミアと称して法外な値段を吹っかけられる───特に、おいそれと塗装出来る代物ではない、「完成品玩具」として売られているHCM-Proで、カラーバリエーションを限定版として展開されてしまっては、これほど迷惑な話もありません。

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1671] »

COUNTERS

  • 01,438,453
    Y: 775 - T: 750

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1671
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年06月23日 (金) 08:00