2006年10月29日 (日)

本日の仮面ライダーカブト(10.29)

Photo:仮面ライダーカブト:第39話

中後期に差し掛かった「仮面ライダーカブト」は足踏み状態で、中弛みの数週、低調なお話が続いています。

「第39話」

記憶を無くしたワーム達の恋───

ハイパーゼクターを巡り、再び激突した天道様と麗奈姐さん。ハイパーカブトの必殺技を受けた麗奈姐さんは、意識を失い、記憶の一部を喪失。ワームであることを忘れた麗奈嬢は、人間としての生活に戻り、オペラサークルの活動に打ち込むことになります。風間大介様が一目惚れしたその姿に“最凶のワーム”としての面影はなく、昼帯ドラマに宜しく“美しい女性”の佇まいがあるのみ。

一方、いよいよ岬姐さんに本気の剣坊ちゃま。加賀美君に、ミサキーヌとの仲を取り持って欲しいと頼み込みます。ミサキーヌ専用のかけそば屋台を引いて登場し、果敢にデートに誘うも、衝撃的にかわされる剣坊ちゃま。彼もまた、自分の正体がワームだとは気付いていません。

ワームであるが故に、その恋は散る運命にあります。毎度、風間大介様の登場回は儚い。

さて、第39話はダークカブトの顔見せの回でもありました。仮面の天道様がしゃべった!片言!は一先ず置いといて、その暗黒面が遺憾なく発揮された“ダーク”なデザインは想像以上にカッコイイ。電子回路…というか基板の様な、胸部の模様がイカしてます。

とまれ、バトル演出でも強力にプッシュしていた筈の「仮面ライダーカブト」ですが、特にここ数週の戦闘は冴えないもので、その最たる理由の一つが、携行する必然性の全くない「パーフェクトゼクター」です。“光よりも速い”天道様の進化とともに登場した“ズバーン”こと「パーフェクトゼクター」は、本体デザインの不格好さがハイパーカブトとの組み合わせで足を引っ張り、「カブトパワー…」と続くパワーチャージのリズムの悪さで、殺陣を一気につまらなくしてしまった感があります。やはりカブトは、ストイックな肉弾戦で攻めてこそ、そして、何より必殺技は「ライダーキック」であって欲しいというのが正直なところです。

追伸、スーパーヒーロータイム・エンディングのお笑いパートは、日毎ハイセンス過ぎるし面白過ぎるしで、いやぁ参った。

仮面ライダーカブト:ストーリー「第39話」

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1680] »

COUNTERS

  • 01,498,452
    Y: 591 - T: 199

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1680
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年10月23日 (月) 05:26