2006年11月22日 (水)

ガンプラ新製品情報:MG Hi-νガンダム

月刊ガンダムエース早売り情報より。

「1/100 MG Hi-νガンダム(仮)」の発売が決定しました。価格未定で、来春発売予定。映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」でMSデザインを手掛けた出渕裕氏による公式デザイン画が公開されており、開発は随時進行中とのこと。

http://char.2log.net/archives/blog1245.html
http://s03.2log.net/home/char/image/2006112102.jpg

Image:1/100 MG Hi-νガンダム

「RX-93-2(RX-93-ν-2)Hi-νガンダム」は、富野監督自身が執筆した小説「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」に登場したモビルスーツ。サンライズ公認のMSではない為、今回のMG化に合わせて公式設定が作られるとのこと。

RX-93-2(RX-93-ν-2) Hi-νガンダム

『CCA-MSV』に登場。νガンダムの完成形で究極のνガンダム。デザインは同じく出渕裕。これを基にし、90年のホビージャパンの企画で同氏が再デザインを行い、立体化したものが現在のHi-νの基礎となっている。

νガンダム - Wikipedia

元来「νガンダム」より太いシルエットが売りだった「Hi-νガンダム」なので、一見して細身にアレンジされたプロポーションには落胆の声も聞かれますが、これに関しては、キットの流用を前提とした「1/100 MG νガンダム」との整合性を考慮したリファインだと考えられます。ただ、機能美とケレン味を兼ね備えたシンボルとしての兵器というよりは、まるでSEED系と思しき露骨な翼に成り下がってしまったフィン・ファンネルなど、概ね、突っ込んだら負けの内容と言われています。

参考:
http://www.mahq.net/mecha/gundam/cca-novel/rx-93-v-2.htm
http://www.gundam.org/images/RX93nu2.jpg
http://www.gundam.org/images/RX93nu2_bk.jpg

とまれ、この「Hi-νガンダム」に対しては、例えば“厨房御用達”といった類いの作為的なイメージばかりが先行してしまっていて、個人的にはあまり良い印象がありません。デザイン的にも、RX世代の完成系として洗練されていた「νガンダム」の意匠に比べて見るべきポイントは少ないと感じます。私の中では、決して琴線に触れるモビルスーツではありませんが、何にせよ、UCものでは「MSA-0011[Ext] Ex-sガンダム」以来となる久々の大型商品。お値段も重量級のアイテムになりそうです。

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1680] »

COUNTERS

  • 01,498,574
    Y: 591 - T: 321

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1680
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年10月23日 (月) 05:26