2007年05月15日 (火)

スーパーアグリF1、悲願の初ポイント獲得!

2007 F1世界選手権、第4戦スペインGP決勝。

約1ヶ月ぶりのF1パレード、欧州ラウンドの初戦は、フェラーリのライコネンが早々に脱落するなど荒れに荒れたレースとなりましたが、間隙を縫った佐藤琢磨が粘りの走りで8位入賞。スーパーアグリF1チームに殊勲の1ポイントをもたらしました。

リザルトは、逃げたら速いフェラーリのフェリペ・マッサが2戦連続のポール・トゥ・ウィン。2位には、連続表彰台獲得中のマクラーレンのルイス・ハミルトンが滑り込みました。母国GPでチームメイトにも先を越された王者フェルナンド・アロンソは、悔しい悔しい3位。その一方で、予選で好調だったトゥルーリはストールに見舞われピットスタート、ホンダは中盤でまさかの同士討ち。他にも、マッサの車が炎上したり、ハイドフェルドのホイールナットが転がったり、スピードのリアタイヤが派手にバーストしたりと、サーキットは嵐の予感。表彰台こそ馴染みの四天王に占められたものの、トラブルによるリタイアが相次いだことから、入賞圏内には普段とは一味違う顔ぶれが揃いました。

前日の予選、燃料系のトラブルで不運にもQ2でストップしてしまった佐藤琢磨は13位スタート。序盤はトラフィックを抜け出せずにポジションキープの走り、しかし、燃料を多めに積んだ作戦が功を奏し、ピットインの度に着実に順位を上げ、2回目のピットインを終えた時点では遂に9位を確保しました。終盤は、後1回のピットストップを残す8位フィジケラと、後方9位に着ける琢磨とのタイム差20秒強の接戦。ピットインによる僅差のロスタイムでフィジケラをかわした琢磨は、緊迫した攻防戦を制し、悲願の8位入賞を果たしました。

佐藤琢磨
「ただただ、驚くべき週末だった。チームも本当に素晴らしい仕事ぶりだった。本当に言葉が見つからない……。1年と4レースしか経っていないのに、ルノーと真っ向から戦って……、それを打ち破ってポイントを手に入れた。こんな結果は本当に期待していなかった。リーフィールドのファクトリーで働いてくれているメンバー、ホンダの栃木研究所のメンバー、スポンサー、ファン、家族、ぼくたちを支援してくれている全員に、本当に心から感謝したい。どうやって、この嬉しい気持ちを表現したらいいのか、わからない。この1ポイントはぼくたちにとって何よりも大切なものだ。本当にファンタスティックな結果だ。今回のレースは、特に第1スティントと第2スティントが厳しかった。少しスピードに苦しんだが、そのまま諦めずに走り続けた。最終スティントでマシンのバランスが戻り、ようやく全力で走ることができるようになった。ジャンカルロと戦っていたが、ぼくには前にいる彼が見えていなかったんだ。でも、ぼくのレースエンジニアが『ルノーと戦ってるんだぞ』と言い続けていたので、ひたすらアクセルを踏み続けた。ピットレーンから出てくるジャンカルロが見えた時には、ぼくの方が一瞬彼よりも速かったんだ。最高だったよ。みんな、本当によく頑張ってくれた」

アンソニー・デビッドソン
「今日はチームにとって最高の結果だった。初めてポイント獲得を果たすことができて、本当によかった。今年はスタートからこれを目指して努力してきたんだ。難しい目標だというのは、みんなわかっていたけれど、それを達成することができた。これからは上昇するのみだ。次はぼくだといいね!」

鈴木亜久里 チーム代表
「今日、チームは完璧な仕事を果たした。ラッキーだったと言うべきかもしれないが、ドライバーもチームもレースの最後までポジションを守り抜いた。そして、ぼくたちにとってはとても重要な初めてのチャンピオンシップポイントを手に入れることができたんだ」

SUPER AGURI F1 TEAM | NEWS:
2007年 スペインGP 決勝

運に恵まれた部分は大いにありましたが、安定したレースペースを刻めたことと、第1スティントを長めに確保したことによる作戦勝ち。昨シーズンのチャンピオンチームを抑え切っての入賞は、俄には信じ難くとも見事という他ありません。完走率の高いワークスチームが上位を占める中での1ポイント獲得、その貴重さは言うまでもなく、マッサ以上のガッツポーズではしゃぐ琢磨歓喜の図には、心底痺れました。

Photo:2007 F1GP 第4戦スペイン決勝

今季、スーパーアグリF1が駆る「SA07」は、ホンダ製「RA106」がベースシャシーになっているとはいえ、本家が不振に喘いでいることを考えれば、驚愕にすら値する結果です。ましてや、琢磨を追い出したそのホンダよりも先にスーパーアグリF1が入賞してしまった訳ですから、格別な味わいがあります。名立たるワークスを抑えて、参戦僅か2年目のプライベーターがポイントを奪取した快挙は、他方、日本のコンストラクターが、日本人ドライバー、日本製エンジン、日本製タイヤで勝ち取ったお目出度いものでもあります。2007年5月13日この日は、2004年6月20日、琢磨がアメリカGPで掴み取った3位表彰台と同等の価値を有する記念日といっても差し支えないでしょう。スーパーアグリF1がポイントを獲得するなど、一年前には想像も出来なかったことです。開幕4戦目にしてドライバーズ選手権のポイントリーダーに躍り出てしまったスーパールーキーの活躍など吹き飛んでしまうほど、大袈裟に喧騒すれば、これはきっと将来忘れ得ぬ奇跡の日となるに違いありません。

ああ、それにしても佐藤琢磨だ、やっぱりあなたはやってくれると思っていたよ!応援していた甲斐があったってもんさ!しかし、「ジャンクSPORTS」特派員として彼の地を訪れていたのは何を隠そう浜田雅功その人。昨季のハンガリーGPでは、ホンダとバトンに優勝をもたらした大明神。日本勢にとってこの人は、幸運の女神ならぬ、奇跡を呼ぶ男なのかもしれない。ということは、来年はトヨタ辺りに何かが起こるかも。

次戦は伝統のモナコGP。レース展開次第では、スーパーアグリF1にもチャンスがあるので、期待してしまいます。

リンク:
SUPER AGURI F1 TEAM | GALLERY

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1681] »

COUNTERS

  • 01,515,715
    Y: 381 - T: 271

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1681
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年11月15日 (水) 00:19