2008年03月11日 (火)

3年目の春を迎えるSAF1、今季参戦確定へ

資金難から存続が危ぶまれていたスーパーアグリF1 [SUPER AGURI F1 TEAM] ですが、イギリスの投資会社マグマ・グループ [Magma Group] がチームを取得することで両者が合意、2008年のF1継続参戦が確定しました。ドライバーは、佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンの残留が決定しています。

スーパーアグリF1、今季ラインナップを確定
スーパーアグリF1、マグマ・グループとの提携を正式発表
琢磨「今年は常に前進していく1年にしたい」

正式発表に先立ち、マグマ・グループと本田技研工業株式会社は、今後もホンダが引き続きSAF1にテクニカルサポートとエンジン供給を続けることで同意しています。一方、マグマ・グループはスポンサーではなく、株式譲渡なども含めたパートナーとなるとのことで、近い将来に大半の株式が売却され、正式に買収される模様。ただ、両者の合意は基本事項についてであり、経営権やチーム体制、スポンサーやマシンカラーリングなどについては調整中で、一連の手続きが全て終了するには数週間かかる見通しと見られています。

資金繰りに苦労し、厳しいオフを過ごしていたSAF1ですが、チームの参戦継続が決定したことは一先ず朗報でしょう。心労の嵩んでいた鈴木亜久里代表はすっかり老け込んでしまった印象ですが、琢磨のシートも無事に確保され、一安心といったところ。SAF1が前進する為には、マグマ・グループとのパートナーシップの締結は避けては通れない道だったのでしょうし、幸いにも資金投入の目処が立ったことで、チームとしてもしばらくは安泰と見て良さそうです。ただ、少なからず“オールジャパン”のイメージは薄らいで行くことになりそうで、来季以降は“スーパーアグリ”の名称が変更される可能性が出て来ました。今後は、独自の路線でF1参戦を模索しているマグマ・グループがどのようなスタンスでSAF1をコントロールして行くのかが注目されます。

しかし、シーズン参戦が確定したとはいえ、彼らが序盤戦で使用するマシンは昨年のホンダRA107を改良したSA07-05B。開幕前のテストも消化できないまま、スペアカーすらないまま、ぶっつけ本番でオーストラリアGPに向かわなければならないSAF1は、茨の道を歩むことになりそうです。今季もギリギリまで追い詰められた感のあるSAF1ですが、それでも琢磨には気概をもって頑張って欲しい。むしろ、逆境こそがチームの結束をより高めることを期待し、ファンとしては何とか夢を繋いで貰いたいと、そう願わずにはいられません。

それにしても、人気の面ではホンダやトヨタをも上回る彼らに、何故、地元から支援の手が差し伸べられないのでしょうか。日本初のF1プライベートチームをバックアップしてくれる日本企業が現れないことについては、心底失望せざるを得ません。

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1666] »

COUNTERS

  • 01,390,058
    Y: 405 - T: 430

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1666
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年04月28日 (金) 16:15