2010年02月13日 (土)

MacとPS3をDLNAで繋ぐPS3 Media Server

icon:PS3 Media Server

遅ればせながら、MacをPlayStation 3のメディアサーバーに出来るPS3 Media Serverを試してみました。

PS3 Media Serverは、PS3に特化したトランスコーダー付きのDLNAサーバーソフト。Javaで構築されており、Windows / Mac / Linuxのクロスプラットフォームに対応しています。

コーデックの種類が豊富で、PS3で直接認識出来ないファイルのトランスコード(コーデック変換)による再生支援をサポートする他、DVD ISOイメージを直接マウントしてVIDEO_TSフォルダを読み込むことも可能。また、Web上のコンテンツ(インターネットTV、ネットラジオ、Podcast)にも対応するなど、汎用性が高いのが特徴です。更に、上級者向けのオプション設定に加えて、ディレクトリ構成の変更にもリアルタイムで対応するリフレッシュ機能を搭載するなど、フリーウェアでありながらかなり高性能なアプリケーションですが、有志により日本語化されているので、初心者でも容易に扱える敷居の低さが魅力となっています。


DLNA(Digital Living Network Alliance)とは、パソコンやHDDレコーダーなどのデジタル機器に保存されたマルチメディアファイル(画像、音楽、動画)を、ネットワークを介して相互に別の機器で再生する為の仕組みのこと。

DLNA対応機器には、データを配信する側(サーバー)とデータを受信する側(クライアント)の2種類がありますが、PS3ではDLNAのクライアント機能に標準で対応しています。PS3をクライアント(子機=プレイヤー)として使うことで、DLNAサーバー(中継装置=メディアサーバー)機能を持つデジタル機器に保存されたマルチメディアファイルを、ネットワークを経由してPS3で再生することが可能です。

つまり、この場合はMacをメディアサーバーとして、PS3をクライアントとして利用することで、Mac内の画像、音楽、動画ファイルといったデータを、ネットワークで接続したPS3で再生出来るという訳です。その際に、MacをDLNAサーバーとして中継させるソフトがこのPS3 Media Serverです。


使い方は簡単。ファイアーウォールの受信接続を許可した上で、単一のルーターを介して接続されたMacとPS3を、それぞれが起動した状態でPS3 Media Serverを立ち上げるだけ。セットアップは、基本的には【基本設定】タブから表示言語を日本語に切り替え、【表示/共有設定】タブから共有フォルダを選択するだけなので、あらかじめ「保存→サーバーを再起動」を済ませておけば、そのまま直帰でストリーミング再生を楽しめます。また、無線LANを使用している場合は、【基本設定】タブからサーバーのIP(Macに割り当てられているIPアドレス)を指定する必要がありますが※デフォルト設定で通信できない場合のみ、通常、設定が必要な箇所といえばそれだけ。驚くほど手間が掛かりません。

Screenshot:PS3 Media Server

Mac OS Xであれば、ユーザーディレクトリのピクチャ / ミュージック / ムービーフォルダをそのまま共有してしまうのが手っ取り早いでしょう。ポイントとしては、【表示/共有設定】タブから「サムネイルを生成する」と「メディアライブラリを有効にする」をチェックし、共有フォルダ項目の「全共有フォルダをスキャン」を実行しておくと、事前にサムネイルを生成することで、PS3からMacへのアクセスを軽減出来ます。

実際の使用感はというと、ファイル名が日本語のデータや、MP4などの一部の動画ファイルは破損データとして認識されてしまい、サポートされているコンテナであっても、必ずしも視聴出来ないコンテンツがある、というのが一点。また、無線LANでは流石に多少不安定になる場面もありますが、一方で、そういった部分を除けば、例えば、Appleロスレス形式で溜め込んでいるiTunes Musicライブラリの再生であっても特に問題はありません。データを移し替える必要がなく、Macのフォルダ階層をXMB(クロスメディアバー)の操作感そのままに自由に辿れる為、想像以上に使い勝手が良いというのが率直な感想です。勿論、プレイリストには対応していないので、フォルダ構造がそのまま参照されることになりますが、iLifeであれば日付やアーティスト毎にファイルが管理されているので、それほど不便は感じないでしょう。

何より、MacBook Proのスクリーンから見慣れた景色をPS3のフルHDモニタで再生してみるだけでも、何気に普段とは違った表情や発見があるので、これがなかなか新鮮で面白いです。ただまあ、それだけと言っちゃあそれだけなので、明確な利用意図が無いとあっという間に飽きそうではあります(笑)。

とはいえ、難しい設定が不要な上にオンデマンドで遊べるPS3 Media Serverは、デジタル機器ならではのちょっとした余興には最適。「パソコンに取り溜めたメディアファイルをPS3専用のAV環境に変換して視聴する」というコンセプトに特化することで、フリーのDLNA互換サーバーソフトウェアとしては決定版と言っても差し支えない内容に仕上がっています。MacとPS3が連携して、ホームシアターでの写真、音楽、動画の楽しみ方もグッと広がるはず。幅広いユーザー層にオススメのアイテムです。

リンク:PS3 Media Server(PMS)まとめwiki

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1680] »

COUNTERS

  • 01,498,206
    Y: 425 - T: 544

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1680
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年10月22日 (日) 11:42