2012年11月01日 (木)

Pt|Call of Duty: Black Ops

恒例の年末商戦に満を持して登場する久々の期待作、Call of Duty: Black Ops 2の発売に際して、直近のModern Warfare 3を振り返って訥々と思うことなど。

彷徨

正直、現在進行形でMW3を楽しんでいるフレンドには申し訳ないのだけど、MW3は私の中では最終結論として駄作認定、率直に言えば“クソゲー”で確定してしまったタイトルなので、この作品をベースにCoDの未来に思いを馳せると色々と辛い。

インターフェイス、SE(効果音)から武器の種類・デザインまで、あらゆる要素にダメ出しできるほど、私の中では最悪の相性でもって総括されたMW3ですが、せめてマップや即死判定だけでも何とかなっていたら、もっと素直に経験値で勝負できるゲームであったなら、もう少し寿命が長かったかなと思います。

特にマップ。複雑に入り組んだ手狭な作りと、やたらめったらと射線を遮り、遭遇戦を誘発する迷路のような構造。それが、回線、リスポン、即死判定とケミストリーを起こした時のクソっぷりと来たら。その点、BO2のマップは幾分スッキリしていて情緒があり、これが相対的には随分と魅力的に見えます。シューティング部分に関してはたかが銃弾一発で昇天するほどの極まりっぷりなので、ラグとリスポンによってはせっかくのマップもどうなるか分かりませんが。

まあ、ぶっちゃけ、BO2にしても「BOとMW3の中間、折衷を指向している」という先行テスターの評があるように、CoDというフランチャイズの中では所詮ドングリの背比べであって、「どちらがよりマシか」というレベルの話ではあります。Infinity WardとTreyarch、飛び抜けてどちらかが決定的に優れている、ということは恐らくないですから───尤も、昨今はMW3の反動からTreyarchへの再評価が著しく、個人的にも新生Infinity Wardへの信頼は大いに揺らいでいるので、この先はどうなるか分かりません。個人的には好物である近未来戦というモチーフが、CoD4以降の平均的な水準で実現してくれればそれだけで充分楽しいかなぁと。

例えば、なんだかんだとボロクソに言われていたMW2は、あれで結構エイムゲーだったと思うんですよね。広大かつ見通しの良いマップが多いことから中距離戦が主体だったこと、威力の高い銃は精度が低く、威力の低い銃は精度が高い、といった住み分けが出来ていたので、総じてリコイルコントロールが重要だったこと。良好な回線も含めて、そこら辺が噛み合っていたからこそ、多分、自分はMW2が好きだったんだと思うし、少なくとも日毎フレンドに愚痴をぶちまけるような鬱屈とした不満はなかったし、それに見合った結果も数字としてしっかり付いて来ていたと思うんですよね、下手の横好きなりに。

まあ、エイムゲーと言ってもCoDはCoDであって、BattlefieldやKillzoneになれる訳じゃないですから限度はありますけど、何事も加減であって、やり過ぎたら面白くない。MW3はその辺の匙加減を誤ったということです。だからこそ、MW3最大の癌としてのマップの印象は大きいよねぇと。そういう意味では、やはり抜け殻となってしまったInfinity Wardのマネジメント能力の低下、クリエイティビティの劣化は大きいと言わざるを得ない。少なくとも、今のInfinity Wardが開発するゲームを無条件にまた遊びたいとは思わない程度には。

ということで、MW3を境にすっかり冷め切っていたCoD熱がBO2を機に戻って来たので、復習がてら、宿題であったBOを始めるの巻。

プレビュー

とりあえず、BOに関しては、MW2からの流れで真っ先に気付く舞台装置の古臭さであったりSEのしょぼさであったり、そういったスケール感の無さを当時は色々と揶揄していた気がしますが、MW3を経た今になって改めて俯瞰してみると、大味なバランスはともかくとして、ゾンビモードやトレーニングモード、豊富なカスタマイズ要素など、そういう導線というか、プレイヤーに楽しんで貰う為の手掛かり、機能が充実していて、なかなか見所のあるゲームだったんだなぁと個人的には思うのであります。

まず、果敢にも初周からベテランに挑戦するも、ストレートな歯応えに予想通り苦戦したキャンペーン。全般に要所で鬼畜なので、Mission 4「Executive Order」終盤の地下道トンネル以外にも、特に無限湧きポイントではちょくちょく詰まるところがあって、そういう意味ではかなりイライラするし、しんどい。KZ2ほどではないにしても、MW2、MW3よりは断然難しい(CoD4ではこれにフラグ祭りが加わるんだから、ある意味、トロフィーが無くて正解だったかも)。

ただ、難易度自体は鬼畜でも決してつまらなくはない、ムズイけどおもろいな……と言える内容であるのがミソ(直前まで取り掛かっていたMW3の追加分Special Opsに比べれば雲泥の差)。一周目をベテランなんかでやっていると、一つのミッションが長丁場なので流石に後半はダレるのだけど、そう思っていると「悪魔を憐れむ歌」が流れて来たりして、いやぁ、シビれるねぇ、と。死にまくっても、MW3のように娯楽感の無さから心底うんざりすることがないので、近代FPSのキャンペーンとしてはかなり面白い、五感に訴えかける各種のギミックも良く出来た、良作の部類に入るCoDではないでしょうか。

また、キャンペーンでは言われているほどグラフィックの粗も気にならないし、懸念だった音響もシアターモード時のクオリティは予想に反して良好。銃器のSEがあれこれチャチイと感じることもなく、何よりムード満点のBGMがグッド!MW3の後だけに、余計に良く出来ている、楽しいと感じますね。

なんだかリアルタイム時分にはBOは結構評判が悪かった印象があって、“B級”“野暮ったい”“泥臭い”というのが「いつもと変わらない上に輪を掛けてこうだ」みたいなネガティブなニュアンスで伝わっていたのだけど、全然そんなことはなかったなぁと。ゲハの喧噪に惑わされ、毒され過ぎていたのかなぁと反省しつつも、今更ながらにBOは、ここに目出度くマイフェイバリットFPSの一つとして認定されたのであります。

基本的に同じエンジンを使い回していながら、“Modern Warfare”とはかなり毛色が異なり、その古くて新しい意欲的なディテールが興味深いBOですが、ただ、ベトナム戦争やジョン・F・ケネディ大統領など、フォローする時代背景や設定的な仕掛けが上手い具合に転がっている部分もあると思うので、歴史的にゼロベースの近未来を描くことになるBO2にこのレベルのユーザー体験を期待するのは厳しいかなぁと。

一方のマルチプレイヤーは、一見すると渋くて地味。B級、野暮ったい的なニュアンスが当て嵌まるとすれば、その対象はどちらかと言えばマルチプレイヤーの方かもしれません。コミュニティ機能がユニークなシアターと、自己主張に長けたプレイヤーカスタマイズ。遊びが充実していて楽しい。回線は体感7割程度で全般にラグめですが、それを差し引いて考えても、装甲は割と固めで(と敢えて表現しますが)、正面から撃ち合うと粘れることが多い───つまり即死が少なく、エイムで勝負できる、あるいは腕力の介在する要素があるということ。

また、マップは適度に広くそこそこ開放的。MW3のように捻くれた部分が少なく、直感的なオブジェクト配置で素直に動けるマップが多いので、特にFFAが楽しい。差し当たっての課題であったプラチナ・トロフィーはご覧の通り、肩の荷は降りているので、このままBO2発売までに、ぼちぼちプレステージ0周目の階級カンストくらいまでは遊ぼうかなと。

それにしても、BOはオンもオフもこんなに面白かったとは。突き詰めたバランスや細かい調整の機微はさておき、ザックリとした楽しさに掛けては極めて優秀。「CoDってやっぱり面白いんだなぁ」という事実を再認識した作品です。この衝動はMW3で久しく忘れていた感覚だ。

RECENT TROPHIES

Devil May Cry HD Collection……より、DMC1に引き続き、デビルメイクライ3 HDもなんとかプラチナゲット。クレイジーコンボを満足に繰り出すことが出来ないポンコツとしては、シリーズ中で最もDMDがキツかった作品。DMDの難易度 + 暗転バグがイラ壁で非常にしんどかった。砂時計→アーカムとストレステストが続くM19や、超兄貴の発狂に苦しんだM20で暗転した時には、もう鬼の所業かと。そして、プレイヤーキャラとしてのバージルの想像以上のダルさ。エアハイク、トリックスタースタイルがないだけでこんなに辛いとは。

とはいえ、DMC1以来のシンプルなストロングスタイルでも何とかなってしまう懐の深さは流石。主要な開発スタッフが同じなだけに、ダンテの基本性能、敵、ステージ、カメラなど、一部の調整ではDMC2の短所がそのまま受け継がれるどころか、むしろ悪化している部分さえ見受けられますが、リベンジの肝であるスタイルアクションの楽しさでそれも帳消し。PS2時代には難易度ハードの攻略でさえ諦めたことを考えると、苦手意識のあったDMC3をここまで心底楽しめたことは率直に言って意外であり、そのきっかけを与えてくれたHDコレクション、及びトロフィーという動機付けには感謝したいところ。

ちなみに、DMC2のトロフィーでは「9000オーバー!(ブラッディ・パレスで9000階に到達する)」のみが残っているのだけど、ぶっ通しで優に4〜5時間は掛かるブラッディパレスの攻略において、頻発する壁抜けバグは精神的に非常にキツいものがあるので、パッチが来ない限りは恐らく封印することになろうかと。そして、カプコンのことだからアップデートはまず100%ないということで、実質投了ですな。

トロフィーカードステータス

レベル:16(60%)

プラチナ:33
ゴールド:142
シルバー:437
ブロンズ:1403

トロフィー数:2015

タイトル 獲得率 (%)
【NEW】Call of Duty: Black Ops ↑74
【UP】Crysis 2 ↑80
【NEW】Devil May Cry 2 HD ↑91
【NEW】Devil May Cry 3 HD ↑100
【UP】Modern Warfare 3 ↑100

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1680] »

COUNTERS

  • 01,498,179
    Y: 425 - T: 517

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1680
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年10月22日 (日) 11:42