2013年05月12日 (日)

Pt|TROY無双

さて、この春はかなりまとまった数のゲームを消化できましたが、内容については不良気味。このTROY無双(Warriors: Legends of Troy)にしても、点数としてはせいぜい60〜70点のゲームといったところですが、何故、敢えてこれを取り上げるかと言えば、他に話の種になるゲームがないという以上に、実は素材が良く、発想には光るものがあって、何とかTROY無双の形骸だけは今後の無双シリーズの中に残して欲しい、続編として繋がって貰いたいという思いがあったからに他なりません。

Amazon.co.jp:TROY無双

コーエーカナダ制作の本作、目を引くグラフィックに30fpsリミットと、出端からして国産シリーズとは纏う空気感が異なっていますが、まず、従来の無双と明らかに違うのは、アクションにしても演出にしても、数多のトロイ映画を地で行く、その重みを感じさせる世界観。重厚で荘厳な音楽とチープで泥臭い演出、そして、要所でパン&スローモーションを多用したスペシャルムーブと一発一発がもっさりと重い重量感のあるアクション。この時点で味付けは従来の無双IPとは大幅に異なるものですが、「コアゲーマー向けの無双」、そういった方向性を打ち出す為のアクション回りのシステムが思いの外よく練られている。

例えば、基本ステータスに成長要素は一切なく、ステージクリアの報酬として貰える各種の装備アイテムを使って、性能を強化、カスタマイズして行くのが本作の特徴ですが、これがなかなか興味深い。最高難易度のエキスパートなどはやはりそれなりの歯応えなので、どういう順番でステージを攻略してアイテムを入手するか、どういうパターンを組んで出撃するかという部分まで考慮すると、なかなかパズルチックで、アイテム次第で難しくも簡単にもなる相関関係には唸らされます。経験値とお金と回復アイテムを一緒くたにしたようなKleosという要素や、リカバリーゲージといったクレバーなシステムもジワジワと癖になること間違いなし。

操作面では、弱攻撃、強攻撃、Fury、ロックオン、回避といったお馴染みのものから、崩し攻撃→必殺技、武器拾い→投げ、といった目新しいものまで、必要最低限にして過不足のない演武が揃っていますが、ここでもTROY無双“ならでは”といったアクションが抜群に面白い。Furyにしても、いつもの無双乱舞とは性質が異なり、覚醒といった色合いが強いので(要はクロックアップみたいなものか)、チャンスアタックではあるが反撃も食らうし、一度発動するとキャンセル出来ないので使いどころが重要だったり、さりとて、それもアイテム次第で他に類を見ないほど強力になるのは見逃せない。

しかし、本作で殊勝なのは全体的なメリハリとバランスか。基本的には上記の操作を駆使して敵兵を刈って行く訳ですが、盾の概念があること、ジャンプがないことからも分かるように、イメージとしては軽快な草刈りゲーではなく、ブルドーザーで人の流れを押し戻して、土から畑から引っこ抜いて耕してしまうような、そんな豪快さのある重機ゲー。雑魚の群衆、小隊長をリーダーとした編隊、名前付きの戦士といった要素は概ね従来通りですが、いちいち重要な場面では、その都度、一騎打ちの「決闘」というスタイルになるのも楽しい。そして、ここぞという威力を発揮するのがジャストガードによる弾き返し“パリィ”とカウンター。結局、「決闘」やQTEによる必殺攻撃のコントラスト、目押しが生きる“パリィ”といったフックが、TROY無双を埋もれた有象無象とは一線を画する、ポテンシャルのある存在にしているのかなぁと。

故に、一周目は非常に新鮮で、同時にアイテムが少なく、出来るアクションが少ないもどかしさも感じる。二周目以降、システムに慣れて、アイテムが揃ってくると俄然面白い。が、コンプリートを目指すと途端に地獄と化す(作業ゲーという意味で)。最終的に、こういうところはいつもの無双なんだよなぁと。キャラクター数の少なさ、ステージ数の少なさもあって、景色が代わり映えしない分、単調度ではいつもの無双以上かもしれない。

更に言えば、最短でコンプリートを目指すと、

  • EASYで一周(サブミッション完遂)
  • EXPERTで一周(任意のチャプター選択可、サブミッション + α完遂)
  • チャレンジ制覇
  • NORMAL + HARDで周回(消化試合)

ということになると思うのですが、エキスパートは(歯応えはあるが)難易度的にはそれほどキツくなく、ACTゲーの最高難易度としては比較的楽な部類なのだけど、やることが同じなので単純にダレる。それと、恐らく頻発する処理落ち(フレーム落ち)の影響で、その肝心要の“パリィ”回りでどうもボタンの反応がよく分からない時があるのは頂けない。

「やればやるほど面白くなってくる」純ACT寄りの無双。一線を超えるとただの単調なドーザーゲーになってしまうのが玉に瑕ですが、コーエーの無双IPの中ではゲーム性の核の部分では多分一番魅力的で、ある側面では三國や戦国よりもよほど良く出来ている合戦演武。そんな見所のあるゲームでした。

トロフィーカードステータス

レベル:18(20%)

プラチナ:43
ゴールド:182
シルバー:551
ブロンズ:1666

トロフィー数:2442

タイトル 獲得率 (%)
【DOWN】Call of Duty: Black Ops II ↓75
【UP】Crysis 2 ↑81
【NEW】Mafia II ↑73
【NEW】TROY無双 ↑100
【NEW】Zone of the Enders HD Edition ↑100
【NEW】Anubis: Zone of the Enders HD Edition ↑100
【NEW】ビビッドレッド・オペレーション
あかねとマヨっとオペレーション!
↑100
【NEW】大神 絶景版 ↑100
【NEW】輪廻のラグランジェ 鴨川ドリームマッチ ↑100

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1680] »

COUNTERS

  • 01,497,885
    Y: 425 - T: 223

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1680
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年10月22日 (日) 11:42