2013年10月14日 (月)

アーマード・コア ヴァーディクト デイ 備忘録

今回、ワールドモードの特殊兵器群についてはVのような救済処置が用意されていないので、一先ず、ぼっちーむプレイヤーとしてはトロフィーコレクションはこれで投了となります。(月末にアップデートを控えるガンダムブレイカー直近までを見積もって)丁度一ヶ月近いプレイ期間を経て、アーマード・コア ヴァーディクト デイの世界を堪能、満喫しました。

Amazon.co.jp:アーマード・コア ヴァーディクト デイ

さて、本作については特に語ることがないので、簡単なファーストインプレッションすら割愛して、とりあえず「ACVDもプレイしたよ」という程度の備忘録に留めておきます。とはいえ、そこにはあまりネガティブなニュアンスは含まれていませんよ。それはアクションゲームとしての完成度云々よりも、ロボットもの、サイバーパンク・SFもの、シリーズものとしてのアーマード・コアのストーリー、世界観が立て直されたこと、時代背景が拡張され、一本筋の通った設定が裏付けられたことが大きい。正直、アーマード・コアがここまでやれるとは思っていなかった、とそれほど、彼の世界に深みが与えられ、よりディープに創作(フロム脳的妄想)を掘り下げる余地が生まれたこと、アーマード・コアの地平線が広がったことをいちファンとしては喜ばしく思っています。

つまり、ACVDについては、システムやアクションといったゲーム性に惚れたというよりは、繰り返し、世界観にやられたという感じです。ACVDは世間一般で概ねの良作評価を獲得している通り、Vにおける数々の欠陥、問題点を地道に潰した、正しくアッパーバージョンと言える内容です。ただ、基礎、土台がVなので、幾ら枝葉末節をブラッシュアップしたところで、伸び代には限界があり、天井は意外と低いんですね。本作固有の欠点の一つとしては、遮蔽物(高度のある建物や壁)の少ない平坦なマップが挙げられますが、幾らパーツパラメータ間のバランスが整っていても、近距離戦(乱戦)になり易く、DPSでのゴリ押しになりがちな対人戦、代わり映えのしない通り一辺倒な試合内容で落ち着いてしまういつもの光景、ひいては勢力間のパワーバランスの偏重というのはゲームデザインの問題なので、飽きるのは早いかもしれません。

ぶっちゃけ、最初は面食らいましたよ、「下手の横好き」を自認している私が、それにしたってここまで下手だったのか、という部分も含めて。前作Vは、駄作なりに良いところと悪いところが半々くらいの印象でしたが、ACVDは回避が難しく、被弾すると痛い、総じて脆い、というところからして攻略難易度が上がっている分、思い通りに行かないストレスも大きいので、ベースがVで難易度を上げる方向に舵を切ると、こうもアレゲになるものかと、一頻り打ち拉がれたものです。結果、


第一印象:クソゲーかも

ストーリーミッションクリア&ワールドモード出撃:結構おもろいかも

サブクエスト&ミッション評価オールS挑戦:やっぱりクソゲーry

ハードコアモード挑戦:ry


という変遷を一周して元の鞘に戻ってしまった感があるので、“メカ・カスタマイズ・アクション”としては「楽しいけどつまらない」というよく分からない結論に。

では、そんな私にとってACVDの価値とは何かと言えば、それは初代系と4系とを橋渡しする存在であることに尽きます【※実際には、ACVD-LINKアーカイブを始め、初代を彷彿とさせる固有名詞、対戦マップ、アレンジBGMはあっても、それらは確度の高い“ほのめかし”に留まっており、直裁的な描写はありません。従って、これはあくまでも個別の解釈の一つということで】。Vにも印象的な台詞やセルフオマージュの数々が散りばめられていましたが、それがこう繋がるとは。恐らく、現状考え得る限りでの最も違和感のない方法で、ファンの反発を招くことなく、ここまで自然に一本の大河の流れを構築してみせたのは見事という他ありません。

尤も、ユーザー体験としては相変わらず淡々としていますけどね。荒廃に満ちた魅力的な世界観も、どこまでが事前に想定されていたものなのか、後付けにしては綿密に詰められている設定も、それがゲーム中の演出として上手く落とし込まれているか、果たして活かされているか、というと疑問です。

とまれ、一応、据え置きシリーズは全作プレイ済みの拙者ですが、入り口は火星世代。当時、攻略本に歴史年表が掲載されるなど、当初より初代系と2系は地続きの物語として描写されていましたが、その後、各種の設定資料集などで補完された最新の公式見解では、地球暦と3系〜N系までの世界をも一つの時間軸として接続されたことになっていると見聞しています。つまり、そこにACVDが直接fAと初代の橋渡しをすることで、シリーズが全て一本の線で繋がる訳です。これはリアルタイム世代にとっては感動ですよ。

即ち、歴史の流れとしては4→fA→V→VD→初代となる訳で、ということは、これはもしかしたら、地球暦世代が長年夢見ていた大深度戦争編が次回“6”として再編成される可能性だってある、かもしれない訳ですよ。夢のある、浪漫のある話じゃありませんか。もしそういった機会があれば、移植には割と消極的なアーマード・コアも、初代〜LRまでのフルHDリマスターなんかをPS4でリリースしてくれると嬉しいなぁ。

トロフィーカードステータス

レベル:19(3%)

プラチナ:46
ゴールド:210
シルバー:599
ブロンズ:1811

トロフィー数:2666

タイトル 獲得率 (%)
【NEW】ARMORED CORE VERDICT DAY ↑82
【DOWN】Call of Duty: Black Ops II ↓60
【UP】Mafia II ↑100
【NEW】Virtua Striker ↑100
【NEW】ガンダムブレイカー ↑100
【NEW】スーパーハングオン ↑100
【NEW】ミッキーマウス キャッスル・オブ・イリュージョン ↑100

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1675] »

COUNTERS

  • 01,462,797
    Y: 259 - T: 402

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1675
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年08月11日 (金) 07:56