2015年04月18日 (土)

Pt|戦国無双4

積みゲー崩し集中月間も佳境へ突入───ということで、お姉チャンバラZ2に引き続いて戦国無双4へ。4-IIも発売中のこの時期になってようやくPS4版の無印に取り掛かった訳ですが、なるほど評判通り、これはなかなか遊び応えがありました。「戦国無双」シリーズ10周年記念作品。

Amazon.co.jp:戦国無双4

戦国無双はPS2の初代以来になるのですが、当時はプレイヤーのレベルアップに連動して敵が強化されるシステムに馴染めず、序盤でギブアップ。その為、戦国無双に対するイメージは「取っ付きにくく難しい」で固定。ただ、ゲーム自体には常に興味があったし、真・三國無双、戦国BASARAと来て、戦国無双だけが欠番では似非ゲーマーとしては片手落ちであるからして、トロフィーコレクションに加えられる機会を今か今かと伺っていました。晴れて本作にてその欲求が実現したという訳です。

さて、本作のプレイモードは、無双武将によるお馴染みのストーリーモード・無双演武と、エディット武将兼用やり込みモードとして独立した流浪演武とに集約されています。無双演武は武家単位の章仕立てとなっており、地域毎の特色と個性が楽しめる構成で、戦国乱世の舞台背景ともマッチしており好印象。また、発表当初はやや奇抜で違和感のあった衣装デザインも、実機で躍動する姿を見るとこれがなかなか魅力的で、思わずこそばゆくなるようなソレナンテギャルゲーやホモホモしいシチュエーション、思わず感じ入ってしまう凄絶な散り様まで、時にシリアスに、時にコミカルに、時にシュールに、時にドラマチックに、鮮やかに活写される合戦絵巻と苛烈で悲壮な無双武将の生き様は、キャラゲーとしても優秀な素材であることを改めて伺わせます。

システム面でも、特殊技、影技、殺陣、無双奥義、無双極意等々てんこ盛りで戦国集大成といった趣ですが、特筆すべきは神速攻撃で、草刈りゲーの真骨頂である雑魚を薙ぎ倒す爽快感は三國を含めてもシリーズ随一。あまりにも爽快で、しかし、同時にあまりにも手頃で万能過ぎる為、難易度の高いタクティカルアクションから一転して「ヌルい」という評価に甘んじることになったのは痛し痒しと言ったところかもしれません。

その分、随時発生するミッションに対応する繁忙さ、操作キャラクターを切り替えながら、入り組んだマップを縦横無尽に駆け回ることで生まれるテンポ感は癖になります。肝要なのは、そういった「同時多発的なミッションでも操作キャラが2人いれば対処できる」という発想の転換で、士気メーターの復活を始め、例えば合戦中のカットインにしても敵味方の区別が視覚的に容易なことであるとか、随所に些細なストレスを軽減する為のフォローバックが敷設されているので、戦場の厚みが増す一方で進行はスムーズ、それが殊勝であります。

そんなこんなで、戦国無双をガッツリやり込むのは実質これが初めてなこともあって、最初は多少の倦怠感を覚え、やがてそれがゲームの仕組みに慣れて、攻略にリズムが生まれてくるまでが20時間ほど。しかし、それ以降も新鮮さが持続したお陰で、トロフィーコンプリートまでに要したのべ100時間の間に覚えた苦行感は僅か(少なくとも大目に見れるレベル。無双演武と流浪演武が丁度50時間ずつで半々の割り当てですが、頭を空っぽにして楽しめる流浪演武が実に良質な時間泥棒)。無双シリーズにおいてこれは“奇跡”と言っていい僥倖だと思いますが、ただまあ色々面倒なのは事実なので、毎作きっちり買い込んでいるような人には相変わらず高度な忍耐と根気が要求される作業の連続だと思われます。

以上、個人的には最近の真・三國無双やBASARAよりも断然好みだった戦国無双4。コーエー流の巧みな史実アレンジで個性際立つキャラクター描写も、玉のように綺麗な瞳が印象的なセクシーで美しいモデリングも、得心しきりのCVも、イベントでのドラマ表現や演出もお気に入りですが、戦国無双は特にBGMがいいんですよねー、やっぱり和風テイストのデジタルビートは気持ち良さが違う。

相変わらずマップを散策して景観をじっくり眺めるなんてことは出来ないし、カメラワークも不自由で、どうしてこう無駄に窮屈なんだろう……と、束縛感やもどかしさを覚える場面もあるにはあるのですが、PS4版は想像以上に描画パフォーマンスが高く(ちょっと狙えば5000人斬りも余裕で達成可能なワラワラ感だけでなく、テクスチャやライティングの質感も意外と頑張っている)、目立ったバグ等も無い為、確かにこれは最高傑作との呼び声が高いのも納得の出来。堂々の☆☆☆☆★(星4)評価であります。

でも、個人的には無双シリーズで一番面白かったタイトルと言えばTROY無双なんだよなぁ(小並)。とりあえず、これでようやく三國・戦国、両雄出揃ったので、次はOROCHIに挑んでみてもいいかなぁと思うのですが、基本的に無双とレースゲーは一世代に一本あれば需要としては充分なので、当面の間は休憩ですね。

獲得したトロフィー

レベル:23(28%)

プラチナ:69
ゴールド:312
シルバー:845
ブロンズ:2696

合計トロフィー数:3922

タイトル 達成率 (%)
【DOWN】Call of Duty: Advanced Warfare ↓73
【DISPLAY】Flowery +100
【NEW】Metro 2033 Redux ↑100
【NEW】Metro: Last Light Redux ↑100
【NEW】Minecraft: PlayStation 4 Edition ↑100
【NEW】Murdered 魂の呼ぶ声 ↑100
【NEW】The Order: 1886 ↑100
【NEW】バリアント ハート ザ グレイト ウォー ↑100
【DISPLAY】ブルーオアシス ~魚の癒し空間~ +100
【NEW】戦国無双4 ↑100

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1672] »

COUNTERS

  • 01,412,121
    Y: 412 - T: 14

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1672
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年05月27日 (土) 04:05