2017年03月13日 (月)

Sennheiser HD700

承前、年の瀬の物欲日記でも吐露していたこの煩悩、

しかし、この"無難"というヤツが厄介で、殊更に何かを短所だと見立てて不満に思うことはないのだけれど、長年使用していると次第に物足りなくなってくるんですね、人間というのは。つまり、開放型の持ち味は残しつつも、よりバランスがイビツで、癖が強く、味付けの濃い製品も嗜みたくなってくる訳です。

よくよく考えてみると、これは(一部でHD800ユーザーには不要という評価もある)beyerdynamic T1 2nd Generationよりも、むしろHD700じゃね?という閃きに至り、衝動買いとなったのが吉日。人気がイマイチなのは重々承知していますが、そのお陰で特価で購入できるという部分もあるので、臨時の出費にも心理的障壁は幾分低めでした。

Amazon.co.jp:Sennheiser HD700

繰り返しになりますが、引き篭もりの黄昏人間にとって、SennheiserというのはTHE無難を地で行くメーカーですからね。より広範なリサーチをし、情報を掘り下げていけば、単純なドンシャリホンにしてももっと自分の趣味趣向に合う製品はあると思うのですが、色々と考えることが面倒臭い思考停止マンにとっては、ある意味、近場で見過ごしがちな穴場であったと言えます。

不肖、経験値という点でそれほど豊富な含蓄がある訳ではありませんが、それでも日頃からヘッドホンを常用しているヘビーユーザーという意味では重度のヘッドホン愛好家ですから、2万円前後のエントリークラスとなると性能的には物足りない。かと言って、経済的に10万越えのハイエンドクラスをホイホイと買えるような生活水準ではないので、そうなるとやはり5万前後のミドルクラスが自分にとっては最も手に取りやすいターゲットということになります。

一般的にハイエンドにもなると、その製品のポテンシャルを引き出すのに上流やアンプにも充分な投資をする必要がありますからね。HD-DAC1で果たして満足な駆動力が得られるかというと、HD800よりはHD700の方が分相応に近いでしょうし。

さて、HD700はHD800譲りのDの字型のイヤーカップに、このクラスでは驚きの300gを切る軽さで、装着感は極めて良好(HD800に比べるとカップの径が一回り以上小さいので、自分のように耳たぶが大きい人間だと、耳がすっぽり収まらず縁々に干渉してしまうのは残念ですが。側圧は弱いので痛くはありません)。シックなデザインと適度に小慣れたお手頃な質感、取り回しの容易さ、そしてサウンドを含めて、これは想像していた以上にHD598の系譜と言えるかもしれません。

反面、Sennheiserらしさを何処に見出すかという部分については意見が分かれるところで、「豊かな中〜低音域と柔和なサウンド」という点でのSennheiserらしさはややトーンダウンしていますが、ギターサウンドやエレクトロサウンド、ライブサウンドを楽しく聴けるタイトで抜けのいい低音はグッド。ボーカルの距離感を含めた定位や音場に関しても意外と不自然さはなく、他方、充分な分解能があるのにただやかましいだけの脳筋ではない、不思議と聴き疲れはしないという辺りのマジックに、トータルでSennheiserの世界観を感じることは出来るのではないでしょうか。

末端の出音と中継機器の味付けとではまた異なる部分もあるのですが、やはり私は基本的にドンシャリ(というチューニングの方向性)が好きな人間なので、このHD650ともHD800とも重ならない押し出しとメリハリのある音色は好きです。

将来的にHD800に回帰することは勿論あり得ますが、最近の私は若干「HD800疲れ」が見えていて、環境的にHD800を充分に鳴らしてやることが出来ない欲求不満と、一方では解像度ばかりが伝わってくるモニタ寄りの音響にジレンマを感じ、持て余していたというか。かつてはその睡眠導入作用を絶賛したこともありましたが、これだけ付き合いが長くなってくると見えてくる粗もあり、即ち、上流も音源も誤魔化してはくれませんから、「自宅でゆったり快適なホームリスニング」にはやはり不利。裏を返せばこれ以上のリファレンスはない訳ですが、それをオーディオ的に「つまらない」と感じてしまうということは、それはもう手に余るということですよね。

足るを知ることこそがオーディオ的愉悦の第一歩だとすれば、当面はHD700に満足することが至上なのではないでしょうか。モノを買い替えた直後は毎回そう思っている気がしますが、しかし、HD700に限れば、これで耳さえすっぽりと収まってくれていたらそれこそパーフェクトだったかも。現環境最強説。ということで、かれこれ......ここ5年だか10年ばかりの間に、HD598、HD650、HD700、HD800と、開放型の主要なラインナップを全て経験することになってしまった訳ですが、どうやら個人的には直近のHD800よりもHD700のキャラクターの方が好みだったようです。

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1663] »

COUNTERS

  • 01,367,428
    Y: 935 - T: 699

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1663
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年03月21日 (火) 05:48