2020年04月29日 (水)

Pt|聖剣伝説3 TRIALS of MANA

聖剣伝説3は生涯のフェイバリットタイトルの内の一つ。SFC時代にうんざりするほど遊び尽くしたのもあって、「すぐ飽きそう」「今、3キャラ周回するだけの体力があるかどうかが問題」などという理由から購入を一瞬躊躇していましたが、巷の良ゲー評価にも背中を押されて、結局、体験版すら経ずに本編へ突撃。

オリジナルを未経験の現代っ子が手に取ると、恐らく「愛すべき凡作」程度の評価に落ち着くのではないかと予想していますが、そういったニュアンスをも含めて、これは良くも悪くもレトロゲーの雰囲気をそのままパッケージングして現代仕様にフルリメイクせしめてしまった傑作だと個人的には思っています。

例えば、蟹を倒すか倒さないかくらいの序盤戦ではまだシステムにも慣れていないので「これは大失敗だったかなぁ」と肝を冷やすのですが、第一に「これはこれで面白いし」となるのは時間の問題であり、第二にクラスチェンジが出来るようになると脳汁が加速。SFC版は理不尽なカウンター回りなど問題もあったのですが、基本的にボコスカ殴るのが楽しい、移動が楽しいというのがダラダラ周回を重ねる上では肝だったので、そういったエレメントがリメイクされてもしっかり健在なのが◎。

フル3DCGは、特にRPG分野だと億劫でダルいことも多いのですが、本作はオリジナルのエッセンスをとても大事にしているリメイクなので違和感は少なめ。それでいてナビゲーションは現代的なのでストレスがありません。ストーリークリア後には"強くてニューゲーム"が解禁されるので、データを引き継いでガンガン周回できるのも魅力。パーティメンバーの多彩な組み合わせ、台詞の掛け合い、最強データを目指しながら自分の中に設けたハードルを目指してどこまでも遊び倒せる仕組みです。

オリジナル経験者からすると、勿論、懐かしさや「あ、意外とこの台詞覚えてる」というデジャブ感覚もあるのですが、とにかく本作はリッチになったリメイクBGMがとても良き。音楽が優れたゲームは多少の粗をも覆い隠してしまう魔力があります。

そして、今回は倍掛けでキャラクターが魅惑的。25年間、聖剣伝説3ブランドの屋台骨を支えてきたリース先輩を持ち出すまでもなく、元々登場人物のアイコンや造詣が優れた作品だったのが、3DCG化とフルボイス仕様で、モブキャラさえも恐ろしく生き生きとしている。かわいいしえちえちだし火力とんでもないし一躍最強キャラの筆頭に躍り出たアンジェラ王女を始め、通称でち公ことシャルロットも異常な愛らしさ。男性陣も個性が際立っており、正しくキャラゲーの見本市状態であります。

やり込み要素としては、恐らくレジェンドオブマナが初出のサボテン君も逆輸入されたりしていますが、バランス的には一周目でレベル99も目指せますし、その過程で裏ボス・アニス(ハード)も黒ラビも倒せるので難易度はヌルめ。オリジナルの理不尽バランスを踏まえた調整の結果がきっちり反映されているということです。

とはいえ、2周目以降だと最初の風のマナストーンで一気にクラス3まで行けてしまうので、快適さとは表裏一体の弊害として物足りなさを感じるのも、プレイヤーの声としては理解できる。個人的には、まだまだこの世界に浸っていたいので、今は「追加ダンジョンとか贅沢は言わないから、追加衣装だけでもDLC出してくれないかなぁ......」といった気分ですが、いやはや、何にせよ現在進行形で再びどハマりしてしまった聖剣伝説3リメイク、3キャラを周回する体力がないなど杞憂でした。

獲得したトロフィー

レベル:35(71%)

プラチナ:159
ゴールド:767
シルバー:1766
ブロンズ:4969

合計トロフィー数:7661

タイトル 達成率 (%)
【NEW】Back in 1995 ↑100
【NEW】DETROIT: BECOME HUMAN ↑100
【NEW】GRIS ↑100
【NEW】Last Day of June ↑100
【NEW】Late Shift ↑100
【NEW】レゴ ムービー2 ザ・ゲーム ↑100
【NEW】Marvel's Spider-Man ↑97
【DOWN】Minecraft: PlayStation 4 Edition ↓65
【NEW】Sea of Solitude ↑100
【NEW】Transference ↑100
【NEW】アッシュと魔法の筆 ↑95
【NEW】傷ついた精神 ↑100
【NEW】メイドさんのいる暮らし ↑100

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1724] »

RECENT ENTRIES