2016年11月08日 (火)

Pt|DmC:DE

鉄の章直前から仕込みを続けること二ヶ月、結局、プラチナ・トロフィー100個目の節目にチョイスすることになったゲームはDmC Devil May Cry: Definitive Editionでした。Destiny、ガンダムブレイカー3といったホームゲームを裏に抱えながらの並行作業でしたが、年内に間に合って一安心といったところ。

***

余談ですが、直近のスパートで衝動的にポチッとしてしまったTitanfall 2が事故物件にならなくて良かったと心底安堵……ガントレットが鬼門ですが、定評のあるオンラインマルチプレイヤーよりもむしろ新機軸のシングルプレイヤーキャンペーンが予想を上回る収穫であり、相棒のBTに萌え萌えキュンキュンする名作です。その愛嬌は何処となくZone of the EndersのADAを彷彿とさせる部分もありますが、ロマンの輪郭はより能動的です。

***

DmC:DEは、1080p/60fps対応、DLC収録を筆頭に数々の新要素をフィーチャーしたオールインワンの完全版───というよりは(これがDmC本来の姿という意味での)真価版ですが、案の定「おま国」なので、Amazon.co.jpで北米輸入版を購入したPS4で唯一の物理パッケージ所有タイトルです。

Screenshot:Pt|DmC Devil May Cry: Definitive Edition

これでも昔はRPG人間でしたが、大人になってゲームも本数を買えるようになると、逆に時間的・精神的な余裕や体力は減衰していくのが世の常。PS2でゲーマー戦線に復帰以降は、必然的に短期集中反復型の3Dアクションをメインにパラダイムシフトすることになるのですが、その中でも、アーマード・コア、デビルメイクライ、グランツーリスモ、etc……等々とフェイバリットシリーズを挙げていくと、ACが沈黙して久しい現状、DmC:DEに行き着くのは半ば道理だったと言えます。

特に、面倒な謎解きなどがなく、初〜中級者向けのヌルめのギミックがアクションをお膳立てするようデザインされているDmCは、“適度な手頃さ”という意味では本家よりも好きなくらいなので、敢えて4SEではなく、こちらに意識が集約されていく流れはごく自然なものでした。

Amazon.co.jp:DmC Devil May Cry: Definitive Edition

本作は「おま国」ではありますが、日本語字幕・日本語UIに完全対応しているのでパンピーでも安心。内容的には、属性の仕様変更、敵の配置変更及びハメ対策と一部強化、アビリティと武器の調整、シークレットキーの統廃合、ロストソウルの配置変更など、よりストレートな構成に整理されて遊びやすくなっています。弱体化したとはいえ、バイイン→ストンプ、トリニティスマッシュ等のお手軽コンボ、要所でのオーバードライブの使い勝手も健在。

反面、お手軽コンボだけではそこまでスタイルポイントが上昇しなくなっているので、ミッションランクSSSの達成にトライ&エラーは必須ですが、それでもシリーズ経験者であればドン詰まりする可能性は低いと思うので、基本的なインプレッションは過去ログ [O.Z.K. » Pt|DmC Devil May Cry] と相違ありません。収集要素のみ動画 [dmc definitive edition all collectibles - YouTube] を参考にすれば、終始楽しみながら自力でプラチナまで辿り着けるでしょう。特に60fps化の威力は絶大ですし、満足度の高い一本でした。

マイルストーンに際して

ということで、PS2→PS3でゲーム熱が再燃して以降というもの、軟弱系下手の横好き似非ゲーマーとしての履歴シブルな足跡を、こうしてソーシャルサービスの一環としてコレクションすることが出来ている時代の幸運というものを噛み締めずにはいられない昨今です。

PSNPを参考に大まかに振り返ると、

  • 記念すべき初トロフィーは2009年、PS3の「コリント川(KILLZONE 2)」
  • 初プラチナは2010年の428~封鎖された渋谷で~
  • 累計1,000個目のトロフィーは2011年の「氷漬け(KILLZONE 3)」
  • 25個目のプラチナは2012年のARMORED CORE V
  • 累計2,000個目のトロフィーは2012年の「ロシアンBBQ(Call of Duty: Black Ops)」
  • 50個目のプラチナは2014年、PS4一発目のKillzone Shadow Fall
  • 累計3,000個目のトロフィーは2014年の「命綱(Call of Duty: Ghosts)」
  • 累計4,000個目のトロフィーは2015年の「練金に挑みし者(ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城)」
  • 75個目のプラチナは2015年の悪名高き暗転ドーン
  • 累計5,000個目のトロフィーは2016年の「今日で、夏も、終わりか(ROBOTICS;NOTES)」

───節目節目には何かとKillzoneに縁がある道程ですが、これでもトロフィーが実装されてから10年にも満たないと思うと些か寂寥感があるものの、同時に、健康弱者の引き篭もりがこうして腐っていられるのも、多少大袈裟に言って、逃避先としてのゲームに救われた側面は間違いなくある人生な訳です。時折、自分でも愛が重いと感じることはありますが、今の私にとって、ゲームとはそれほど大切なカルチャーでありエンターテインメント。その辺りの意識の変遷を辿るだけでも、このマイルストーンは感慨深いものですね。

獲得したトロフィー

レベル:27(74%)

プラチナ:100
ゴールド:424
シルバー:1153
ブロンズ:3645

合計トロフィー数:5322

タイトル 達成率 (%)
【DOWN】Destiny ↓87
【NEW】DmC Devil May Cry: Definitive Edition ↑100
【DOWN】DOOM ↓75
【NEW】Hatoful Boyfriend ↑100
【NEW】Hatoful Boyfriend - Holiday Star ↑100
【NEW】Machinarium ↑100
【NEW】Submerged ↑100
【NEW】タイタンフォール 2 ↑100
【NEW】ラチェット&クランク THE GAME ↑100

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1681] »

COUNTERS

  • 01,528,772
    Y: 911 - T: 61

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1681
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年12月12日 (火) 05:59