2020年11月23日 (月)

Destiny 2|光の超越

現状、PS5(を買えたとしても)喫緊でプレイする予定のゲームもないので、その辺(PS5でプレイを継続すること)も見越しつつ1.5シーズンぶりに再開した運命のクソゲー。まあ、この間にお試ししたAnthemもダメでしたしね。安住の地とはかくも厳しき。光の超越は、当初雛形となっていたD3ではなく、あくまでもD2の大型拡張としてリリースされています。

Bungieの所業に関しては、D1から一貫して腐している通りなので割愛。度重なる嘘と悪意と卓袱台返しの終着点として提示された武器防具の賞味期限(パワー制限)によって自分の心は完全に折れたので、今は惰性ですらなく、ただただ矮小な健康不良児の暇潰しの手段としてDestinyを浪費する日々。装備を厳選することもなく、マスターワーク化することもなく、勝利の道のりのスコアを稼ぐこともなく、散漫にミッションやクエストをこなすのみ。

(自分なりの)熱意やこだわりを包摂しても、彼らがそれに報いてくれることはない。そこに愛着を持つことも、思い入れを持つことも、もはや意味のない行為ですからね。

追記1(2020.12.03)

世に"ルートシューター"と呼ばれるゲームは数あれど、成功事例は皆無。なんというか、運営のエゴで潰れるコンテンツが多すぎて、これはもはや構造的な問題なのかも。"おもてなし"という言葉を持ち出すのはあまり好きではありませんが、ある種のそういった精神、エンターテインメントを楽しんでもらいたいというような意識が決定的に欠如していて、例えば延命策であるとかバランス調整、開発のプライオリティであるとか事情は様々あれど、根本的に何をどう履き違えると「プレイヤーをいたぶればいたぶるほど偉い、苦しめれば苦しめるほど楽しい」みたいな発想になるのか本当に謎。

追記2(2021.02.07)

凪のシーズン終末スコア。準廃のボーダーラインは甘く見積もっても1万越えとされているので、無事落第。流されるままに、よくやった方なのでは。

Screenshot:Destiny 2 - 光の超越|ハンター(レベルキャップ)
Screenshot:Destiny 2 - 光の超越|ハンター(キャラクター装備)
Screenshot:Destiny 2 - 光の超越|ハンター(キャラクター機器)

追記3(2021.02.27)

シーズン13・第3週目のアイアンバナーが開催中。

この時点で余裕を持って中間リミット(パワー1300)に到達しているのはかなり珍しいこと。防具のステータスも恐らく過去最高、テレストの媒体も手に入りましたしね。ソロ勢にしてはスタートダッシュに成功しているということであるし、光の超越以降、妙にブーストが掛かっている。引き続き体調が優れないということもあるのだけれど、心が空っぽな分、邪念がないということなのかも。惰性?凪?虚無?いずれにせよ、無心の現実逃避で精一杯ということですな。

ちなみに、この間に詐欺セムことAnthemは嘘と欺瞞に彩られた再開発中止を正式に発表、一方のDestiny 2では装備の賞味期限撤廃が宣言されるなどした辺り。ワンマンルークが無能かどうか、今のところプレイヤーの声に耳を傾けているように見えるジョーが有能かどうかというのは半ばどうでもよく、Destiny 2に未来があるのかどうかも分からない。(たとえマイナスからゼロへの前進であっても)前進できるのは良いことだと人々は言うけれど、そもそも病的な嘘つき魔であるBungieが本当に反省したことなどないという現実もあるし、何より一度砕かれた装備や時間はもう戻ってこない訳ですしね。学習性無力感。

追記4(2021.03.07)

スタートダッシュに成功しているということであるし〜からの大失速。モチベが消し飛んでやることなくなった。まあ、FOMO対策と言いつつ実際にやっていることはより厳しい縛りと延命みたいな現状なので、窒息してしまうのも仕方がない。ほんとサイコBungie。

しかし、久々に初代Destinyの動画を見てみると、やはりあのムードは孤高にして唯一無二、BGMも最高オブ最高であるし。Destiny 2ではなくあの世界のまま、初代の世界のまま冒険を続けていたかった、今と変わらず愚痴は出るだろうけど、それでもまだ夢のある世界だった。

追記5(2021.03.29)

詳細は該当エントリに譲るとして、3月17日にPS5をシェイクダウンして以降、並行して積みゲーも崩しながらようやく60fps / 広視野角のDestiny 2にもそこそこ慣れてきた感がなきにしもあらず。

視野角は95で固定。リコイルが一番少ないのは体感では105なのだけど、流石に的が米粒過ぎて戦えない。見やすい、動かしやすい、楽しい、の折衷案が95だったということ。妥協点とも言う。

ただ、DualSenseがどうにも気に入らない。物自体が大振りで重く、その割にスティックはフニャフニャ、形状は自分の手には合っていない。何より致命的なのはデッドゾーンが広過ぎることで、照準がフラフラしてしまって定まらない。これでは成績が下がることはあっても上がることはないだろう。

関連エントリ

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1734] »

RECENT ENTRIES