2005年08月26日 (金)

「ゲームボーイ ミクロ」ファミコンバージョン

Image:「ゲームボーイ ミクロ」ファミコンバージョン

携帯ゲーム機は基本的に興味の範疇外である私、中でも、9月13日に12,000円で発売になる「ゲームボーイ ミクロ」については、お布施アイテムという以上の存在意義がどうにも掴めず、「確かにコンパクトだけど画面まで小さくなっちゃって、従来機を差し置いて、こんなの誰が買うのかなぁ」なんて不粋なことを日々悶々と考えていたので、その情報も完全にスルーしていました。

ところが、ここに来て俄然興味を惹かれるものが。そう、連日OAされている、「スーパーマリオブラザーズ生誕20周年」に絡めたファミコンバージョンのTVCMです。当時を過ごした人間ならば誰もが心沸き躍るツボを押さえた小憎いガジェットに、ファミコンのコントローラーがクロスオーバーする演出、いやぁ、やっぱり任天堂は奥が深いなぁ、と。その巧みさに一頻り感心するのでした。

それにしても、今回のファミコンバージョン、限定商品ではなく一般発売の御品だというのですから、大盤振る舞いですね。それが吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、でも、案外、最近のお子さんでも物珍しさで手に取ったりするのかな。任天堂の、自社の資産を活用したクレバーなやり口には、毎回、都合良く乗せられている気もしますが、これは思いの外ヒットするかもしれない、そんな予感が仄かに感じられた金曜の午後であります。

リンク:
ゲームボーイミクロ
HAPPY! MARIO 20th

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1737] »

RECENT ENTRIES