2005年01月31日 (月)

A.C.E.ファーストインプレッション

Image:ガンダム ヘビーアームズ

さて、バンプレスト(バンダイ)の血を取り入れたフロムの新機軸Another Century's Episodeですが、とりあえず1周目をクリアした時点での感想としては、思ったよりも微妙でした。

アクションに関しては良くも悪くもフロム製といったところ。それぞれの機体の個性がしっかりと描かれていて、原作のニュアンスが忠実に再現されている点は見事。ただ、機体の上下移動やカメラワークなど、操作性には難あり。加えて、フロムと言えばそっけない舞台装置がもはや売りとなっており、カットイン等は一切なく、演出も実にドライで、盛り上がりに欠けるストーリーと併せて若干の物足りなさも。ムービーは実にハイレベルで非常に力が入っていますが、その他は特に見るべきところもなく。まあ、至って平均的な作りですね。

ザッと気付いた点を箇条書きしていくと、

  • 最近のアーマード・コアよろしく非常に淡々と物語が進んで行く。シナリオはあってないような物で、演出も淡白なので、余計にそう感じる。
  • BGMが非常にチープ。ただし、ボス戦等、クライマックスを彩る一部のエレクトロニカは非常にエキサイティング。
  • テスト出撃が出来ないので、機体の性能を事前に試せず、ぶっつけ本番。同じ理由から強化等も最初は勝手が掴めず、難しい。

他にも細部で気になる点が幾つかあったのですが、今は思い出せません(爆)。もっとより深いレベルでゲームに慣れ親しんで、各機体の特徴が阿吽で理解出来ると、また印象が変わるかもしれませんね。ですが、どうにも私にはA.C.E.のゲーム性は合わなかったようです。つまらなくはないんだけど、決して面白くもないという、総じて平々凡々とした微妙なゲームでした。

例えば、難易度としては「パイロット」という真ん中の設定でプレイしたのですが、お世辞にも直感的とは言えない煩雑な操作性に慣れないのと、私の腕がヘタレなのも相俟って、手応えとしてはなかなかに難しい。終始ゴリ押しで、後半は瀕死、ハメ技も頻繁に喰らってストレスが溜まりました。

それでも、「フリーミッション」で色々な機体を使って勝手が掴めてくると展望が開けるかなぁ、なんて最初は思っていたのですが、今はもう「フリーミッション」すらやる気が起きないという(うんざり)。まあ、勿体無いので一応全機体は使ってみるつもりですが、でも、その内売っちゃおうかな、と思ってます。

ちなみに一周目の機体遍歴は、百式 / Z / ν / デスサイズ / ヘビーアームズ / ブラックサレナ。後半はもうほとんどヘビーアームズのゴリ押しでした。もうちょっと楽しめるかと思ったんだけどなぁ。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1734] »

RECENT ENTRIES