2013年06月15日 (土)

Pt|仮面ライダー バトライド・ウォー

仮面ライダーゲームの新たなマイルストーン、通称ライダー無双こと“バイク&乱戦アクション”バトライド・ウォー。

マイフェイバリットライダーの一角であるカブトへの贔屓目、使い勝手、爽快感という点では微妙な手応えの本作ですが(※)、ゲーム総体としては間違いなくPS2「仮面ライダーカブト」を超えたライダーゲー最高峰でありましょう。劇中主題歌がストレスなく挿入されるプレミアムTVサウンドエディションのクライマックス感は絶品です。

(※)稼いでよし、制圧してよし、もう一つのフェイバリット枠である響鬼さんの殲滅力は異常ですけどね。普通に遊んでいたら、響鬼さんが真っ先にLv.99カンストするんじゃないでしょうか。ちなみに、コンボ要員としてはアギト、メテオ、インフィニティ、強キャラ要員としては電王、ディケイド、バースなど、他にも便利なキャラクターが用意されていますが、ライダーロード攻略時の安定感では断然Wがオススメです。

Amazon.co.jp:仮面ライダー バトライド・ウォー プレミアムTVサウンドエディション

ストリーミング(バッファ)の不安定さによる音飛びやカクツキに見られるように、本作は品質面では幾つかの問題を抱えており、或いは蛇の道、迷路のようなただただ移動が面倒なだけの糞マップや、関連してレーダー表示におけるマーカーの視認性の悪さ、発売前の喧伝とは裏腹に、実際は搭乗中は何も出来ない送迎タクシーに過ぎなかったバイクパートのセンス、バリエーションの少ない限定的なミッションモード等々、技術力、開発力といった点では本家コーエー無双に比べても見劣りするでしょうが、さりとて、なりきりゲーム=キャラゲーとしてのここまでの再現性と原作へのこだわりはエイティングでなければ実現し得なかった勲章でしょう。作品によって多少のムラがあるとはいえ、それはカブトゲーでデジフロイドが魅せた輝きと遜色ありません。

前述のマップデザインや、基本的に複数ボタンへの連続性がないコンボシステム(□→□→△のように通常技から専用のコンボが派生するのはフォーゼなど一部のみ)、空中での行動範囲が限られているアクション面での課題(ジャンプ中に必殺技を繰り出すことが出来ない仕様───例えばWにしても、滑空中に竜巻を纏い、そのままジョーカーエクストリームに移行できれば、三次元バトルとしての奥行きはまた違ったものになったでしょう)、草刈り→メモリー破壊→ボス→Repeatといった具合に殲滅と追いかけっこと脱出を繰り返すだけの代わり映えのしない、単調で冗長なミッション内容、それら諸々には改善の余地がありますが、第一義にライダーゲーであること、それはライダーファンによるライダーファンの為のおもてなし仕様であり、ライダーを操る楽しさ、気持ち良さに特化した点で本作は殊勝です。

───例によって、コーエー無双であれば、ここまで気軽に、手軽に、際限なく必殺技を、若しくはフォームチェンジを乱発することは恐らく出来なかったでしょう。あくまでも縛るのはユーザーであり、「雑魚にフィニッシュブローは使わない」と縛りを設けるも解放するもユーザーの裁量一つ、己の欲望のままに自由に貴様のライダー像を掘り下げてみろ、という姿勢は見事。

更に言えば、ミッションの冗長さとは裏腹に、意外とクロニクルモードの物語性は(練られているかは別として)まともであり、一作目でここまでストーリーテリングが完成していると、続編が大丈夫なのかなという余計な心配も(笑)。PlayStation向けの据え置きライダーゲー企画としてはPS2以来となる復活を遂げ、成功を収めた本作がこれで終わるとは思えないし、終わって欲しくないですからね。トロフィーアイコンも凝っていて収集のし甲斐があるし、とにかく新シリーズ第一弾としては色々と気合いが入っていることが伝わってくる良作です(キャラゲーとしては)。

ちなみに、ソニー非公式のトロフィーデータベースであるPSN Profiles(通称PSNP)の個別ユーザー(アカウント)ページには“Trophy Milestones”という項目があって、文字通りキリ番や節目の里程となるトロフィーが歴々ピックアップされているのだけど、私はと言えば、そもそもが普段からリストの並びやら獲得順やらまでもを律儀に意識している訳じゃないので、結構酷いんですよね、何というかタイトルや絵柄の散りよう、偏りようが汚くて。だから、せめて最新の履歴である2,500個目のトロフィーはお気に入りのカブト柄で飾ってやろうと、これだけは虎視眈々と狙いを定めて引き当ててやったのぜ。

RECENT TROPHIES

さて、Recent Status Reportとして、一つ怨嗟の念をぶちまけておかねばならないのが「真剣で私に恋しなさい!R」ダウンロード版のトロフィーについて。

というのも、各種のwikiや攻略サイトを参考に、既読スキップ以外は通常のルーティンで文章を読み進め、全ENDクリア、CG100%、チュートリアル×20回閲覧、終了イベント全解放と、収集要素に関してはコンプリートの状態までゲームを進行したにも関わらず、「オールクリア (全てのルートをクリアした)」のトロフィーがアンロックされないのだ。即ち、プラチナ・トロフィーと「オールクリア」以外のトロフィーは全て獲得した状態(23/25)で詰み、頓挫中という訳です。91%なのは何も意図的に寸止めしている訳ではなくて、その所為。

システムデータを削除したりしなかったりして全ルートをやり直し、かれこれ計3周を消化していますが、上記のトロフィーだけが一向に獲得できず、八方塞がり。一応公式サポートには問い合わせてみたものの、有効な回答は得られず。先方でも再現性の確認ができないので環境依存の線が濃厚ですが、まあ、十中八九バグでしょうなぁ。

Image:ドラゴンボール(© バードスタジオ / 集英社)

気分としては、まさに超悟飯に叩きのめされた完全体セルを地で往くもの(© バードスタジオ / 集英社)。今まで似非ゲーマー兼トロフィー厨見習いとして、自力で獲れるものについては最低限プラチナを目指して頑張ってきたのに、まさかこんなことで挫折するとは。条件としては確実に目標を達成してるのに報酬がアンロックされない悔しさ。ソニーが悪いのかデベロッパーが悪いのか、この空虚をどこにぶつければいいのか。恨むぞ。

トロフィーカードステータス

レベル:18(61%)

プラチナ:45
ゴールド:200
シルバー:573
ブロンズ:1710

トロフィー数:2528

タイトル 獲得率 (%)
【NEW】仮面ライダー バトライド・ウォー ↑100
【NEW】車輪の国、向日葵の少女 ↑100
【NEW】真剣で私に恋しなさい!R ↑91

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1663] »

COUNTERS

  • 01,367,395
    Y: 935 - T: 666

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1663
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年03月21日 (火) 05:48